【製作日記】HGUC 1/144 デルタプラス【レビュー】


    目次

    HGUC 1/144 デルタプラス レビュー

    各パーツのご紹介

    はい!それでは本題の『HGUC 1/144 デルタプラス』をレビューしていきたいと思います。
    デルタプラスの機体設定は以下の通りです。

    デルタプラスはアナハイム・エレクトロニクス社が開発した量産試作型可変MS。
    『百式』の豊富な実践データをもとに既存のZ計画の技術を再投入して完成した可変型のMS。Zガンダムに対するZプラスの位置付けにある。

    HGUC 1/144 ゼータプラス (ユニコーンVer.)

    百式が誇るべき高速戦闘用モビルスーツとして、“更なる高みに到達した”機体とのことです。

    デルタプラスの上半身です。なかなか鋭い機体デザインになっています。
    ロービジモデルで管理人の琴線に触れるカラーリングです。

    この機体の惜しい点ですが、腕部の上下の可動域が狭い点です。
    特にポージングの幅は制限されないのですが、リバイブ版のZと比べると今ひとつな感じです。

    Zガンダムは百式の製作が終わり次第着手する予定です。功をご期待ください。

    デルタプラスの合わせ目で目立つ点はショルダーアーマーです。
    気になる方は合わせ目消しにチャレンジしてみてくださいね。

    惜しい点その2のハンドパーツです!
    4つ付属するのは嬉しいのですが左手が握りこぶしとなっているので、左手でビーム・サーベルが握れません。
    また、平手が欲しいなぁと思います。


    その他の情報(カラーガイド)


    HGUC 1/144 デルタプラス まとめ

    兄弟機はガンダムデルタカイ

    それでは最後に『HGUC 1/144 デルタプラス』のパチ組み写真を投稿していきます。

    主武装となるのが「ビーム・ライフル」です。
    ロンド・ベル配属時に弾倉であるEパックの企画問題により「リゼル」のビーム・ライフルを流用しています。

    ビーム・ガンとの兼用ビーム・サーベルを格納しているシールドです。
    先端部分にはビーム・キャノンとグレネードランチャーを備えたマルチウェポンとなっています。多機能!

    はい!以上でWR形態も格好良い『HGUC 1/144 デルタプラス』でした。
    パチ組みしていてゼータプラスとミキシングしても楽しそうだなぁと、思ったのでミキシングで遊ぶかもしれません。実に楽しみです!

    それではまた次回もよろしくお願いします。

    ガンプラ製作日記

    『百式』の製作は順調です!

    はい!みなさんこんにちは!9連勤が終了したみかん一等兵です。
    へとへとで身体あちこち凝り固まっていますが、少しずつガンプラ製作を進めています。


    最近はガンプラを購入する機会も少なくなり、積んでいるガンプラを製作することに注力しています。

    デルタプラスもそのうちの1機ですが、普通に格好良いですね!
    紫がかったグレーが良い感じに不良感を演出していて悪格好良いです。

    HGUC 1/144 デルタプラス

    ガンプラとして組み立てやすいですし、機体デザインも随所に『百式』を感じられるのが面白いです。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    シェアしていただけると励みになります!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次