ガンプラ製作日記

【ガンプラ】HGBD:R ウォドムポッド【塗装編】

青焼け、赤焼けウェザリング

HGBD:R ウォドムポッド 塗装編

ウォドムポッド塗装しています

『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』で登場した機体、『ウォドムポッド』のエアブラシ塗装が完了したので投稿させていただきます。

ガンプラ製作の時間確保に大切な土日ですが、生憎の雨ということでトップコートが吹けないこの頃です。

ウォドムポッドのエアブラシ塗装ですが、パーツサイズが大きく塗りやすかったです。

今回の投稿では、ウォドムポッドの塗装に使用した塗料も合わせて紹介していきます。

ウォドムの紹介は前回の記事に投稿していますので、よければ一緒にご覧ください。https://gunplakishidan.com/gunpla-%ef%bd%97odom-pod/


下地塗装

塗装準備中ウォドムポッド塗装準備中『ジュビターブガンダム』のつや消しトップコートも同時に塗装しています。
私の製作環境では塗装部屋がなく、塗装ブースの出し入れが大変なので同時に塗装しています。

サーフェイサーガンメタウォドムポッドの下地塗装『ウォドムポッド』製作にあたり、全ての下地塗装を「サーフェイサー ガンメタ」で塗装しました。

その理由は、グレーサフを買い足すのを忘れてしまったからです。
ちなみに白いパーツやエメラルドグリーン色を塗装する際にも、特に問題なく塗装することが出来ました。


ウォドムポッド製作に使用した塗料の紹介

頭部パーツなど、黒い装甲パーツウォドムポッドの頭部パーツを黒色に塗装黒のメインカラーに『ガイアノーツ EXブラック』を選択しました。
大容量で高品質の黒色でメインカラーとして愛用しています。


白い脚部パーツ
白い脚部パーツ白い脚部パーツには「NAZCA ニュートラルホワイトカラー」を選択。
下地のカラーと兼ね合いで石灰のような色味になりました。

こちらの塗料は純粋な「白」という色味ではなく、限りなく灰色に近い白という感じがします。


腕のエメラルドグリーン、追加装甲の青色エメラルドグリーン 腕と追加装甲のパーツです。
コバルトブルーの塗料がなかったので、「ガイアノーツのウルトラブルー」を使用しました。


スミ入れとウェザリングマスター

最後に塗装後のディティールアップ処理を行いました。

ウェディングマスターウェザリングマスターウェザリング青焼け、赤焼けウェザリング砲身の青焼け、赤焼けを再現してみました。

最近お気に入りのディティールアップ処理です。


全パーツの塗装完了

ウォドムポッドの塗装完了これにて全パーツの塗装及びスミ入れが完了しました。
少し濃いめにウェザリングマスターを使用してみました。

最後にトップコートを吹いて完成となります。


以上

本日の更新はここまでです。

とてもユニークな機体となっている『ウォドムポッド』ですが、製作するのがとても楽しかったです。

使用するメインの色も5色と塗り分けが少なく、シンプルに塗装ができました。

トップコート吹いて完成するので、出来上がりが楽しみです。

次の作品はいよいよ最後の機体、「イージスナイト」を製作予定です。

もしよろしければ次回もご覧ください。




ABOUT ME
みかん一等兵
誰でも再現できるをモットーにガンプラ製作日記を投稿していきます。 激務、製作遅め、作業スペースなし、不器用。 そんな私ですが、魂込めて初心者なりにガンプラを製作していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA