ガンプラ製作日記

【ガンプラ】HG ガンダムアスタロト オリジン【最終工程編】

HG ガンダムアスタロトオリジン ロールアウト前

スミ入れ&デカール貼り+ウェザリングマスターで6時間。

どうもみなさんこんにちは、みかん一等兵です。
さて、前回は『HG ガンダムアスタロト オリジン』の塗装編をお送りしました。
自分の想像を膨らませてカラーリングを決めたため、イメージ通りにいかず何度も塗り直しが必要でした。

今キットはオリジナルカラーに挑戦。
分の頭の中のイメージ通りに塗装するのが新鮮でとても楽しく感じました。

今回の製作日記では塗装後の工程である「スミ入れデカール貼りトップコート吹き」を行っていきます。

もくもくと作業を続けていきましたが、気づけば2時間、3時間と経っていて無事睡眠不足に陥りました。

げに恐ろしき「デカール貼り」よ…。
正直、やりすぎ感は否めません。


デカールをまとめ買い

ついついガンダム・デカールをまとめ買いしてしまいました。
先月くらいに再販され、店頭でも見かける機会が多くなったと思います。

再販以前までは深刻なデカール不足が続いており、ネットで検索すると高価格でなかなか購入できなかったです。

たまたま訪れた模型屋さんで購入できた時は、それはもう小躍りして喜んだものです。
それがトラウマとなり、いまではデカールを見かけては買い漁る始末。

ちなみにデカールではガンダムユニコーン系が使いやすいと思います。


Mr.マークセッター MS232 のご紹介

ここで便利なツールを簡単にご紹介。
デカール貼りの強い味方「Mr.マークセッター MS232」です。
デカールの位置の調整すると粘着力が弱くなってしまいますが、これをデカール個所に少し付けることでデカールが剥がれにくくなります。
※1瓶250円程度なので、ネットで購入する際には要注意

デカール貼りの参考例


ボディアーマーにデカールを貼りました。
貼りすぎ感が否めませんが、止まるんじゃねぞ状態に。
何事もほどほどが肝心です。


デカール貼りを終えて

パーツ全体にデカール貼りを行いました。
恐ろしいくらいの時間が掛かりました。
ただ、後半につれてデカールの数が少なくなっていくのはご愛敬。
ついでにパーツの背面部も、同様に少なくなりがちです。


いつものウェザリングマスター

パーツのエッジ部分にウェザリングマスターの「ガンメタル」を塗っていきます。

写真では分かりづらいですね。

右のパーツにウェザリングマスターを付けました。
肉眼ではUSED感が出ているのですが、いかがでしょうか。


以上
『ガンダムアスタロトオリジン』ロールアウト前最後の工程でした。
次回は完成レビューを行っていきます。

それではまた次回もよろしくお願いします。





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA