ガンプラ製作日記

【初心者向け】ガンプラのエッジ出しのやり方

ガンプラ エッジ出しのやり方

さて、今回は模型初心者の私がエッジ処理に挑戦してみました。

エッジ処理をすることで、パーツ単体にスケール感が増して単純に見栄えが良くなります。

実際に鋭意製作中のHG ユーラヴェンガンダムのパーツをシャープに改修してみました。

模型初心者の私でも上手に出来た…と実感していますので、
どなたでも再現性があると思います。

使用した道具もヤスリスティック400番~1000番と、ニッパーだけでした。
是非、思い入れがあるガンプラをお手軽にカッコ良くしていきましょう!


具体例:フロントアーマー

エッジ処理後のフロントアーマー
ガンプラフロントアーマーのエッジ出し1 先端部をシャープ化しています。
やすり掛けだけで、見栄えが良くなりました。


エッジ処理前との比較 (←左)ガンプラのエッジ処理 エッジ処理のやり方ガンプラヤスリ掛けでエッジ出し 今回はやすり棒スティック400番で120回ヤスリ掛けしました。

ヤスリ掛けの回数はパーツの状態を確認しながら決めました。

ヤスリ掛け前(←左)のパーツが少し野暮ったさがありましたが、
パーツと並行してヤスリ掛けするだけでシャープ化に成功しました。

コツとしては上下にゴシゴシヤスリ掛けするのではなく、
一定方向に向かってヤスリ掛けすることです。

ヤスリ掛けを行うときは出来るだけ優しく削っていきました。
ヤスリ掛けの回数を数えておけば、もう一つのパーツをヤスリ掛けするときも左右のバランスが良く削れると思います。エッジ出し後のフロントアーマー 左のパーツも同様にエッジ処理を行いました。
先端が先鋭化しています。

塗装後の出来上がりが非常に楽しみです。

 


アンテナのシャープ化

アンテナのシャープ化前ガンプラのアンテナシャープ化 アンテナのシャープ化後(→右)ガンプラのアンテナシャープ化2 安全基準フラッグをニッパーでカットした後、やすり棒スティック400番で同様にヤスリ掛けしました。

シャープ化前(左)と比べると見栄えが良くなりました。


アンテナのシャープ化アンテナのシャープ化結果 はい!こちらがシャープ化の結果です。

アンテナの先端が尖りました。
単純にこちらの方が格好いいですよね。

アンテナのシャープ化もヤスリスティックだけ使用しました。

ちなみにアンテナのシャープ化はいろいろな工作方法があるようです。
・デザインナイフでカンナ掛け
・真鍮戦で延長 など

今回は初心者らしく、一番簡単な工程でシャープ化に挑戦してみました。


ニッパーでカットニッパーを使ったパーツのシャープ化ニッパーを使ったパーツのシャープ化比較ニッパーを使ったパーツのシャープ化の結果
センサービットの先端部を
ニッパーでバチっとカットする事でお手軽にシャープ化してみました。

思い切ることが必要ですが、非常に簡単にシャープにすることができました。


以上

各パーツをシャープに処理してみました。

少しの工夫でガンプラが更に格好良くなると思います。

ご参考にしていただけましたら幸いです。

次回、HG ユーラヴェンガンダムのサフ吹き処理を行っていきます。


https://amzn.to/3pODQRB



ABOUT ME
みかん一等兵
誰でも再現できるをモットーにガンプラ製作日記を投稿していきます。 激務、製作遅め、作業スペースなし、不器用。 そんな私ですが、魂込めて初心者なりにガンプラを製作していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA