HG UNIVERSAL CENTURY

【製作日記】HGUC 1/144 ハイゴッグ【レビュー】

ガンプラ製作日記

祝!「鉄血のオルフェンズG」事前登録開始!

詳細ページ

はい!みなさんこんにちは!
本日はまず嬉しいニュースということで、スマホ向けアプリ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズG』の事前登録が開始となりました!

当ブログでも度々注目してきたゲームですが、2022年春リリースのところ2022年度内に変更になったきり続報がなかったので本当にリリースされるか心配していた次第です。

公式サイトでは事前登録用の新規PVがパブリッシュされているので、チェックしてみてください

また、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 特別編』(いわゆる総集編)の再放送が、ガンダム公式 YouTube チャンネル「ガンダムチャンネル」にて配信決定とのことです!
管理人はがっつりと見逃しているので、これを機に再び「鉄血熱」を帯びたい思います。


ハイゴッグについて

ジオン驚異のメカニズム!!

HGUC 1/144 ハイゴッグレビューそれでは本題の『HGUC 1/144 ハイゴッグ』をレビューしていきます。
ハイゴッグはOVA「機動戦士ガンダム0080」に登場する水陸両用MSです。

機体コンセプトとしては一年戦争に登場した「ゴッグ」の機体思想を受け継いだ機体です。
巡航性能はもちろんのこと、エネルギーCAP技術の導入やジェネレーターが改良されています。

劇中の連邦軍北極基地でジム寒冷地仕様と戦闘シーンは素晴らしく、一見の価値があると思います。

それでは簡単にジオン水泳部のエースをレビューしていきたいと思います。


HGUC 1/144 ハイゴッグレビュー

ランナー/カラーガイドの紹介

それではランナーをみていきます。
HGシリーズの中でもひとつひとつのパーツは大きく感じます。
メインカラーはスカイブルーということで、明るめの水色といったカラーリングです。

ランナー数6枚+αとなっていて、標準的なパーツ料です。
腕部の蛇腹部分の組み立てが少し手間取りましたが、概ね簡単にパチ組みできました。


各パーツ構成について

まずは頭部及び胴体パーツを紹介していきます。
1つ目のメインカメラは可動しません。隈取部分は黒のホイルシールで補う必要があります。腹部にはザクマシンガンと同口径の実体弾を射出する「腹部マシンキャノン」を備えています。

メインカメラ横に○型のモールドがありますが、ここは魚雷発射口となっています。

合わせ目が胴体サイド部分に確認できます。
写真より実物の方がパーツが大きく感じます。このガンプラはなかなかの大きさをしています。

特徴的な腕部「フレキシブル・アーム」です。
ショルダーアーマーから前腕部にかけて、とても長いので中々見ごたえがあります。

腕のジャバラ部分とツメの関節部にボールジョイント方式を採用されているので、広範囲な可動を実現しています。

シュルダーアーマー中央に合わせ目があります。
航行時には腕部のフェアリングとして、戦闘時にはフレキシブル・アームの装甲として機能します。

アクションベース用の接続穴は開口していないので、アクションベースでポージングしたい方はピンバイス等で開ける必要があります。

脚部中央には合わせ目があります。
可動域はお察しという感じです。脚部は「コントラクティブル・レッグ」ということで、航行時には膝関節から上が下腿部に収納されます。

付属物は「ハンド・ミサイル・ユニット」とそのカバー。
さらに水中ジェットパックです。


HGUC 1/144 ハイゴッグレビュー まとめ

ユニークな模型作りが楽しめる良キット

それでは最後に少しだけポージングした写真を紹介していきます。
『HGUC 1/144 ハイゴッグ』は昔から作ってみたいと思っていた憧れの機体でした。

パチ組みしてみると腕部の長大さに驚き、またどこか可愛らしさを感じつフォルムに心を奪われた次第です。

腕部には「バイス・クロー」というアイアンクロウを備えています。
ゴッグの爪と比べて更に掴む力が向上しているようです。

手のひらには「ビーム・キャノン」が配備されています。
連射ができ、近接戦闘で威力を発揮します。

パーツを差し替えることで、「巡航形態」を再現することができます。
もともと可愛らしいデザインがさらにチャーミングな機体になります。

それでは本日の投稿は以上となります。
また次回もよろしくお願いします。

ABOUT ME
みかん一等兵
ガンプラをこよなく愛する素人モデラーのみかん一等兵です。 このブログはガンプラ製作日記の投稿をメインに、ガンプラ製作レビューなどを定期的に投稿していきます。 【プロフィール】 管理人は徳島県在住の一児の父です。 基本的には人と話すことが苦手な営業マンとして、細々と仕事をしています。 【徳島県ガンプラサークル】 アワハイムエレクトロニクス(徳島ガンプラサークル)さんに参加させて頂きました!しかしながら、生来のコミュ症により幽霊部員になってしまっているのが目下の悩み。 【ガンダムについて】 ガンダム作品は全シリーズ視聴していて、宇宙世紀からアナザー作品まで楽しめるガンダムファンです。 好きなシリーズはその時々で変わるのですが、∀ガンダムが特に好きです。 学生時代は機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズ通称「エウティタ」に青春を捧げた過去があります。 当サイトはこのプロフィール欄が人気コンテンツになっていて、とても不思議に思っています。 ガンプラ製作の腕前はお世辞にも上手ではありませんが、楽しんでガンプラ製作に励んでいきます。 どうぞ、よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です