完成品レビュー

【ガンプラ改造】HG ガンダム・キマリスヴィダール【レビュー】

HG ガンダム・キマリスヴィダール 完成レビュー

みなさんこんにちは。
リビングモデラーのみかん一等兵です。

遂に『HG ガンダム・キマリスヴィダール』が完成したのでレビューしていきます。
このキットは造形が格好良く、キマリスシリーズ屈指の禍々しさが表現されていました。

大型ドリルランスや背部サブアームなどプレイバリューの高いガンプラでした。

改造したガンプラ「HG ガンダム・キマリスヴィダール」大型ランスポーズ。今回は初めてのクリア塗装と光沢仕上げにて完成してみました。
ガンプラは「つや消し派」だったのですが、光沢のツヤ感もまた良さがありますね。

HG ガンダム・キマリスヴィダール正面ポーズ早速簡易的ではありますが、良かった点と惜しい点をお伝えします。

大迫力の「ドリルランス」
頭部スリットなどの黄色いパーツの細かい色分け
決着武器「ドリルニー」再現可
鋭角的なフォルム
プレイバリューの高いシールド

最中割りの上腕部、脚部の合わせ目
成型色では少し青みがかった紫色

HG ガンダム・キマリスヴィダール 完成ギャラリー

太刀

HG ガンダム・キマリスヴィダール 横立ちポーズ
『HG ガンダム・キマリスヴィダール』は大型ドリルランスが目を引きますが、太刀を構えたポーズも様になります。

HG ガンダム・キマリスヴィダールの太刀を構えたポーズを紹介。
マッシブな機体が格好良いですね。
胸部の鋭角的なフォルムを加工した箇所は成功したと思います。

ガンダム・キマリスヴィダールアンテナ延長加工に挑戦です。
【改造】HG ガンダム・キマリスヴィダール【合わせ目消し編】搭乗者とともに真の姿を取り戻した『ガンダム・キマリス』の雄姿を完全再現!『HG ガンダムキマリスヴィダール』の 合わせ目消しをご紹介。...

調色レシピ

今回はクリア塗料を用いた光沢仕上げで初めて作成しました。
本体のメインカラーとして使用した塗料は「ガイアカラー クリアーパープル」と、「ミスタークリアカラー GXクリアーパープル」です。

HGガンダムキマリスヴィダールで使用した塗料のご紹介


100円のカップに塗料を移します。
画像では分かりづらいと思いますが、「ガイアカラー クリアーパープル」の方が赤味が強いパープルです。こちらを本体のメインカラーに使用しました。
 
「ミスタークリアカラー GXクリアーパープル」の方は本体の薄い紫色として「ホワイト」を混ぜたものを使用しました。


大型ドリルランス

<ダインスレイヴ>用の特殊KEP弾丸を装填することで、ドリルランスから発射できる機能が再現されています。

<ダインスレイヴ>発射機構を完全再現
『キマリス』の象徴とも言える専用の大型ランスには、<ダインスレイヴ>発射機構を備えています。背部サブアームに装備したシールド裏に発射用の動力ユニットが搭載されています。

ガンダムキマリスヴィダールはダインスレイヴ発射ポーズが格好良い
この発射ポーズがお気に入りです。
ちなみにショルダーアーマは結局段落ちモールド処理にしました。


ドリルニー

脚部には回転式のパイルバンカーが内臓されています。

ガンダムキマリスヴィダール決戦兵器ドリルニーの写真
劇中では『ガンダム・バエル』との戦闘時、折れたドリルニーをバエルの胸に刺すことで決着となっていました。まさに決戦兵器です。

ガンダムキマリスヴィダールのドリルニーの別ポーズ
ドリルニーの形状はどうみてもピンバイスにしか見えないのは内緒です。


HG ガンダム・キマリスヴィダールまとめ

はい、ということで『ガンダムキマリスヴィダール』の製作は今回で最終回となります。
総じて実際に組んでみると本当に格好良い機体で鉄血のオルフェンズシリーズのガンプラがますます好きになりました。

ガンダム・ヴィダールと
同じ「キマリス」シリーズの『ガンダム・ヴィダール』と並べて飾ってみても面白いです。

同じキマリスシリーズのガンダム・ヴィダールとの比較
様相がまるで違いますね。どちらももれなく格好良いガンプラです。

ガンダム・キマリスヴィダールとガンダム・ヴィダール

次回は『HG クスィーガンダム』を製作する予定です。
また次回の製作日記の投稿でよろしくお願いします。



ABOUT ME
みかん一等兵
誰でも再現できるをモットーにガンプラ製作日記を投稿していきます。 激務、製作遅め、作業スペースなし、不器用。 そんな私ですが、魂込めて初心者なりにガンプラを製作していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA