ガンプラ製作日記

【ガンプラ】HG ガンダムキマリスヴィダール【開封編】

HG ガンダムキマリスヴィダール 製作開始

公式ページのご紹介

公式ページ

はい!今回から『HG ガンダムキマリスヴィダール』の製作を開始していきます。
前作の『HG ガンダム・グシオンリベイクフルシティ』に引き続き、鉄血のオルフェンズシリーズのガンプラの製作に着手していきます。

【改造】 HG ガンダム・グシオンリベイクフルシティ【レビュー】「HG ガンダム・グシオンリベイクフルシティ」の製作日記です。遂に完成しました!コンセプトは「スプリッター迷彩塗装」です。...

「ガンダムキマリスヴィダール」は原作では実質ラスボス機体だと個人的に思っています。
マクギリスとの最終決戦では鬼神の如き戦いを繰り広げていましたね。

具体的には戦術兵器である『ダインスレイヴ』を撃ち出したり、折れぬ剣と言われたバエルソードをへし折るなど死力を尽くした戦いが印象深いです。

そんなラスボス感のある『ガンダムキマリスヴィダール』を製作していきます。
良ければ以前『ガンダム・ヴィダール』も製作しているので、良ければご覧ください。

【ガンプラ製作日記】ガンダム・ヴィダール【塗装レビュー】【HGガンダム・ヴィダール】全塗装レビューを行います。 青と黒のコントラストが美しく、スタリッシュなキットです。...

HG ガンダムキマリスヴィダール 開封

箱絵

はい、こちらがパッケージです。
「紫」と「黒」のコントラストが美しいですね。
金額はエディオンで1230円でした。

キマリス・ヴィダール箱絵横2キマリス・ヴィダール箱絵横1箱絵側面です。ドリルランスを構えるポーズが格好良いです。
背部サブアームも稼働できるので、様々な表現が出来そうです。


ランナー

胴体や内部フレームは鉄血のオルフェンズシリーズ共通のランナーです。おなじみですね。
主要ランナー数4枚で平均的な枚数です。

こちらのドリルランスは1パーツで構成されています。
モールドもしっかりと彫られているので製作するのが楽しみです。

「いいね」ボタンを押してね!なハンドパーツです。
ドリルランスを支えるハンドパーツなのですが、GOODな構造が大好きです。


説明書/付属シール

説明書の一部とカラーレシピです。
今回は「メタリック塗装」に挑戦する予定です。

こちらが付属のシールです。前回製作した『ガンダム・グシオンリベイクフルシティ』と比べて貼るシールは少なくなっています。
シールが少ないということは、「部分塗装」や「塗り分けが少ない」ということでもありますね。


以上

HG ガンダムキマリスヴィダール【開封編】を投稿いたしました。
実質ラスボス感のある機体ですが、紫色をベースにしたガンダムタイプのモビルスーツなので製作するのがいまから楽しみです。

次回は、一度番外編を挟んで素組みと改造ポイントの確認を行っていく予定です。
今後ともよろしくお願いいたします。



ABOUT ME
みかん一等兵
ガンプラをこよなく愛する素人モデラーのみかん一等兵です。 このブログはガンプラ製作日記の投稿をメインに、ガンプラ製作レビューなどを定期的に投稿していきます。 【プロフィール】 管理人は徳島県在住の一児の父です。 基本的には人と話すことが苦手な営業マンとして、細々と仕事をしています。 【徳島県ガンプラサークル】 アワハイムエレクトロニクス(徳島ガンプラサークル)さんに参加させて頂きました!しかしながら、生来のコミュ症により幽霊部員になってしまっているのが目下の悩み。 【ガンダムについて】 ガンダム作品は全シリーズ視聴していて、宇宙世紀からアナザー作品まで楽しめるガンダムファンです。 好きなシリーズはその時々で変わるのですが、∀ガンダムが特に好きです。 学生時代は機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズ通称「エウティタ」に青春を捧げた過去があります。 当サイトはこのプロフィール欄が人気コンテンツになっていて、とても不思議に思っています。 ガンプラ製作の腕前はお世辞にも上手ではありませんが、楽しんでガンプラ製作に励んでいきます。 どうぞ、よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です