目次

    ガンダムルブリスウルについて

    すこし明るめの成型色

    ガンダムルブリスウルレビュー はい!みなさんこんにちは!みかん一等兵です。
    本日はハイニューガンダムHWS製作の合間にパチ組みした『ガンダムルブリスウル』をレビューしていきます。

    SNSでは劇中や設定画よりも明るめの成型色ということで、少し話題になっていましたが最新のキットということで作りやすいガンプラでした。

    機動戦士ガンダム水星の魔女Prologueに登場した「ガンダムルブリス」と同じ名前を冠していますが、
    共通項を見出すのが難しいくらい印象が異なるガンダムです。

    あわせて読みたい
    【水星の魔女】HG 1/144 ガンダムルブリス【レビュー】 【】 前日譚「PROLOGUE」は未視聴です…。 はい!みなさんこんにちは!体調絶好調のらびすけ一等兵です。ようやく、製作中の『ガンダムMK-2』も塗装に入れました。 さて...

    設定的にもルブリス量産試作モデルに大幅な改修を加えていて、「フォルドの夜明け」が外装やフレームなどを新規に製作しているので、マッシブな体型になっています。

    短期決戦を想定した性能を与えられており、通常の戦闘特化型と比較しても極めて高い出力平均値を誇るとのこと。
    それにしてもボリューミーな体型となっていますね。

    それでは簡単にこの『HG 1/144 ガンダムルブリスウル』レビューしていきます。


    HG 1/144 ガンダムルブリスウル レビュー

    説明書Review

    ところどころ、見切れているところはご愛嬌ということで…。

    シェルユニット用のホイルシールです。
    光沢感がよく、シールも技術の進歩がわかりますね。


    ランナーレビュー

    ランナーです。ルブリスと共通のランナーが多いのかなと思っていたのですが、完全新規造形ランナーでした。
    ランナー数も6枚と小一時間あれば製作できると思います。


    パーツレビュー

    恒例のパーツレビューです。
    かなり厳ついデザインをしていますね!どことなく、ガンダムヴァーチェに似ているなぁと思っています。ちなみにシェルユニット用のシールは貼っていません。

    バックショットです。ランドセルは取り外しが可能なので、ミキシングしやすいよう設計されています。

    厚みがすごいです。全体的に太めのシルエットで力強そうです。

    脚部です。合わせ目がなく、可動域が良好なのは他の水星の魔女のガンプラと共通です。
    ただ、管理人のキットでは脚部の関節が外れやすかったので、個体差があるかもしれません。

    腕部とハンドパーツです。このキットは平手のハンドパーツが付属するので好印象です。
    エアリアルにもはじめから付属しておいて欲しい

    ルブリスウルの代名詞ビームガトリングガンです。
    銃身を回転され、ビームバレット弾を高速連射する携行火器です。
    付属のガンシールドも取り付け可能です。

    最後に奥の手となる武装「フェーズドアレイキャノン」を紹介します。

    バックパックに取り付け可能かつ、3mmジョイントになっているのでミキシング素材としても活用してくれる装備です。指向性の高いビームを発射することが可能です。

    さらにGUNDフォーマットと連動して、パーメットスコアでアンロックされる別機能も存在しています。


    HG 1/144 ガンダムルブリスウル まとめ

    ガドリングはロマン

    それでは最後に『HG 1/144 ガンダムルブリスウル』のパチ組みした写真を投稿していきます。
    大型のビームガトリング持たせても保持力は良好でした。

    「フェーズドアレイキャノン」を展開してパーメットスコア4となっています。
    大型のモビルスーツにはガトリングガンがよく似合いますね。

    最近は青いビームサーベルが管理人のトレンドです。

    はい!ということで『HG 1/144 ガンダムルブリスウル』のレビューでした。ルブリスソーンの発売も楽しみですね!

    それではまた次回もよろしくお願いします。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    シェアしていただけると励みになります!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次