パチ組み-Review

【ガンプラ製作日記】HGUC ガンダムMk-II(黒)【レビュー】

ガンプラ製作日記

劇場版 Gのレコンギスタ配信について

はい、みなさんこんにちは!みかん一等兵です。
まずは「PRIME VIDEO」にて公開している「劇場版 Gのレコンギスタ」のお知らせです。

ありがたいとこに、「劇場版 GのレコンギスタⅣ」公開に先駆けて、今月からPRIME会員の方は「劇場版 GのレコンギスタⅠ〜Ⅲ」まで視聴することができます。

劇場版Ⅳの予習やまだ未視聴の方はこれを機にご覧になるとよろし。
我が徳島県では劇場公開するのかな?

それでは本日は『HGUC 1/144ガンダムMk-II(ティターンズ仕様)』をレビューしていきます。


HGUC 1/144ガンダムMk-II(ティターンズ仕様)

黒いガンダムに大興奮!

『HGUC 1/144ガンダムMk-II(ティターンズ仕様)』『HGUC 1/144ガンダムMk-II(ティターンズ仕様)』『HGUC 1/144ガンダムMk-II(ティターンズ仕様)』レビュー

みかん一等兵のカスタマーレビュー
(星5つ中の4.8)

それではいつものように、ガンプラレビューを行っていきます。
今回は☆4.8ということで、最高ランクの評価でございます。

キットとしての出来も秀逸です。稼働域が広いので(特に腕部!)ガシガシとアクションポーズが決められます。

『HGUC 1/144ガンダムMk-II(ティターンズ仕様)』腕の可動域

二重関節構造になっているのと、余計な装飾がないので上腕部の可動がエグい感じになっています。ビーム・サーベルを引き抜く動作もなんのそのです。

脚部もよく可動するので、膝立ちも自然に決まります。このガンプラは組み立てやすいので、初心者の方にもおすすめできます。

ちなみに脚部のシリンダーもしっかりと再現されています。この部分をガンダムマーカーのシルバーなどで塗装してあげると“映え”するのでお試しあれ。

『HGUC 1/144ガンダムMk-II(ティターンズ仕様)』の頭部です。バルカン・ポッドが最高に格好いいですね!頭部にスリットが入っているのでここにドッキングするイメージです。

ちなみに、バルカン・ポッドを装備すると頭部の可動に少し制限が掛かります。頭部の角度を付けすぎると、頭部がぽろりとするのが難点といったところ。1mmか2mmくらい延長すると良いかもしれません。

腰部背面には、ハイパー・バズーカ用のアタッチメントが付いています。成型色1色のハイパー・バズーカは塗り分けてあげる必要があります。


武装とカラーガイド

武装一覧です。このマーキングシールは『HGUC 1/144ガンダムMk-II(エゥーゴ仕様)』には付属されていないので、本キットの方がお得かもしれませんね。

表現付けができる平手が付いていれば、☆5だったなぁと惜しむ気持ちがあります。


HGUC 1/144ガンダムMk-II まとめ

ガンダムMk-Ⅱはやっぱり格好いい!

それでは最後にいくつか写真を投稿していきます。
『HGUC 1/144ガンダムMk-II(ティターンズ仕様)』はポージングが楽しい良いキットだと思います!

「そこのMP!一方的に殴られる痛さと怖さを教えてやろうか!!」的なシーンも再現して遊んでみました。

白マークツーからハイパー・バズーカを拝借しました。最終決戦仕様ということで。

はい!ということで、『HGUC 1/144ガンダムMk-II(ティターンズ仕様)』のレビューでした。次回は『HGUC 1/144ガンダムMk-II(エゥーゴ仕様)』をレビューしたいと思います。

白と黒のMk-2を並べると多幸感に包まれます。当然ながら作り方はまったく一緒でした。ガンダムMK-2でなにか1機改造機を作りたいと思います。

それではご覧頂きましてありがとうございました。

ABOUT ME
みかん一等兵
ガンプラをこよなく愛する素人モデラーのみかん一等兵です。 このブログはガンプラ製作日記の投稿をメインに、ガンプラ製作レビューなどを定期的に投稿していきます。 【プロフィール】 管理人は徳島県在住の一児の父です。 基本的には人と話すことが苦手な営業マンとして、細々と仕事をしています。 【徳島県ガンプラサークル】 アワハイムエレクトロニクス(徳島ガンプラサークル)さんに参加させて頂きました!しかしながら、生来のコミュ症により幽霊部員になってしまっているのが目下の悩み。 【ガンダムについて】 ガンダム作品は全シリーズ視聴していて、宇宙世紀からアナザー作品まで楽しめるガンダムファンです。 好きなシリーズはその時々で変わるのですが、∀ガンダムが特に好きです。 学生時代は機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズ通称「エウティタ」に青春を捧げた過去があります。 当サイトはこのプロフィール欄が人気コンテンツになっていて、とても不思議に思っています。 ガンプラ製作の腕前はお世辞にも上手ではありませんが、楽しんでガンプラ製作に励んでいきます。 どうぞ、よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です