【モデルカステン】RG フリーダム Ver.GCP【塗装編#3】

当ページには広告が含まれています。
    目次

    RG 1/144 ZGMF-X10A フリーダムガンダム Ver.GCP 塗装編

    彩度が低いSPECⅡ仕様に挑戦!

    らびすけ

    『RG 1/144 ZGMF-X10A フリーダムガンダム Ver.GCP』制作改造編の続編となります。今回はラッカー塗料にて塗装していきます!

    RGフリーダムバストアップ

    はい!みなさんこんにちは!らびすけ一等兵です。
    『RG 1/144 ZGMF-X10A フリーダムガンダム Ver.GCP』の改造編「第3回目」として投稿していきます。
    今作はミリタリーモデルに適した『モデルカステン』の塗料をメインカラーとして塗装してみました。


    ちなみに、劇場版で登場予定の「フォースインパルスガンダムSPECⅡ」のように、少し彩度を落としてミリタリー感を強めてみました。

    https://bandai-hobby.net/item/5949/

    それでは、調色レシピを投稿していきます。
    良ければ前回の投稿も御覧ください。

    あわせて読みたい
    RG フリーダムガンダム Ver.GCP 【改造編#1】 【改造スタート!】 トライ・アンド・エラーで四苦八苦中! 今回から新企画として『RG 1/144 ZGMF-X10A フリーダムガンダム Ver.GCP』の改造過程を投稿していきます。 ...
    あわせて読みたい
    RG フリーダムガンダム Ver.GCP【ディティール編#2】 【 改造編の続き】 イントロダクション 今作は『RG 1/144 ZGMF-X10A フリーダムガンダム Ver.GCP』をベースに、プラ板によるディティールを追加しています。 はい!み...

    メインカラーはモデルカステン!調色レシピ公開

    ミリタリー感を再現してくれる塗料!モデルカステン

    モデルカステン、ライトゴーストグレー塗装例

    それではまずは、メインカラーの白色カラーとしてモデルカステンの「ライトゴーストグレー」を選択。
    モデルカステンの塗料紹介ページでは、米軍機を忠実に再現された塗料とのことです。

    https://store.modelkasten.com/shopdetail/000000003797/
    https://www.mod.go.jp/asdf/equipment/sentouki/F-15/index.html

    この塗料の使用感はなかなか良く、ミリタリー感を演出できる魅力的な塗料だと思います。
    ただし、下地の色に影響を受けるので薄いグレーやホワイトサフの上から塗装すると良いかと思います。
    はじめに下地サフを濃いグレーを選択したところ、思うように発色しなかったのでサフをやり直しました…。

    また、白色カラーの塗り分けとして、「スト-シーミーブルー2」を選択。画像では青みが強いグレーになっていると思います。これはなかなかに面白いグレーだなと思いました。

    想像より青みが強く、ジム・カスタムのメインカラーでも使えるんじゃないかと思った次第。
    「ライトゴーストグレー」と比べてコントラストが強調されるので、このまま塗装しました。

    クスィフィアス・レール砲で見てみると、一目瞭然ですね!滅茶苦茶青みが強いです!
    ご参考までに紹介させていただきました。

    その他の塗料(青色)について

    次に青色について紹介していきます。今回は3色の青色塗料を使い分けて塗装してみました。

    その① フィニッシャーズの「ブルーパープル」を使い、濃いブルーとして使用。
    パーツ塗り分けの選定には自分の感覚でチョイスしてみました。

    その② ガイアノーツの「ブライトロイヤルブルー」を使い、淡いブルーとして使用しました。
    管理人としては使用頻度が高い塗料となっています。

    最後にMr.カラーの「キャラクターブルー」にて発色の良い標準的な青色を再現してみました。
    青色のパーツを3色使い塗り分けてみたので、仕上がりが楽しみです。

    黒いパーツには黒い塗料じゃないほうが良い…?

    ダークブルーイシュー

    続いて黒色のパーツの塗料として、「ダークイッシューパープル」を使用しました。
    はじめは黒色塗料でもいいかなぁと思ったのですが、パッキリとした黒でフリーダムのイメージに合わないと感じました。

    ダークイシューパープル

    写真では分かりにくいと思いますが、黒よりの紺色になったので安心しました。
    「ダークイシューパープル」はクロスボーンガンダムのフルクロスにも使用されることがあるそうなので、黒色の代替色として汎用性が高いと思います。

    青色のまとめです。組み上げてみて違和感があれば適宜修正したいと思います。

    関節色ほか

    関節色として「ダークアイアン」を選択。
    この塗料にはある特徴がありまして、塗装乾燥あとに布で磨くと光沢感がでてくれます。

    上のパーツが布で少し磨いたものです。写真でも分かるくらい変化が現れていると思います。
    関節色には光沢感ある方が好みです。

    最後に赤色です。フィニッシャーズのサーモンピンクを選択しました。すこし淡いピンクとなっている赤色です。

    塗装編のまとめ

    部分塗装には水性塗料を使用予定

    それでは本日は使用した塗料を紹介しました。モデルカステンの「ライトゴーストグレー」や、ガイアノーツの「ダークイシューパープル」が使いやすくて良いな!と思いました。

    購入は「ヨドバシカメラ」の通販がラインナップ揃っているのでチェックしてみてください。

    変わり種の「ストーミーシーブルー」も白いパーツの塗り分けとしては良い感じです。

    モデルカステン、ライトゴーストグレー塗装例

    ここからはマスキングして部分塗装や細やかな塗り分けには、修正しやすい「水性塗料」にて塗装していきたいと思います。下地にラッカー塗料を侵襲しないので、塗り分けの修正もしやすいのがその理由です。

    よければみなさんのお気に入りの塗料を教えてください。

    それではまた次回もよろしくお願いします。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    シェアしていただけると励みになります!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次