HGUC MSA-0011 Sガンダム【延長加工ほか編③】

当ページには広告が含まれています。
    目次

    HGUC 1/144 MSA-0011 Sガンダム 製作編➂

    2022/03/17 ガンプラ製作日記

    はい!みなさんこんにちは!
    本日二次予約が開始されました『HG 1/144 ファントムガンダム』を無事に予約購入できました。

    機動戦士クロスボーンガンダムのいちファンとしては、キット化と聞いて小躍りしたものです。

    9月発送予定ということで、首を長くしながら待ちたいと思います!


    HGUC 1/144 MSA-0011 Sガンダムのつづき

    首の延長加工

    それでは本題の『HGUC 1/144 MSA-0011 Sガンダム』の製作のつづきです。
    まず本キットは首の上下の可動が一切しないので、首の延長加工を行います。

    HGUC 1/144 MSA-0011 Sガンダム延長加工

    ガンプラは首を引いてポージングすると、とても格好良くディスプレイできます。
    延長加工はとても簡単に行えます。

    まずは延長箇所の首の関節を切り離します。

    首を切り離したあと、プラ棒かプラ板で延長していきます。
    今回はプラ棒を使いました。

    ※余ったランナーでも代用可能です。

    その後、接着剤でプラ棒と首の関節を接着します。
    あとはピンバイスで接着したプラ棒と、丸くなっている接続軸を開口して真鍮線を埋め込みます。
    ※真鍮線のかわりにクリップなどでも代用できます。

    結果、このような形になりました。

    HGUC 1/144 MSA-0011 Sガンダム 肉抜き加工

    少し延長しすぎてしまいましたね(汗)
    やり直すのも大変なので、ネックカバーを余剰パーツで製作する予定です。

    たくさんある余剰パーツ


    腰部延長加工

    プロポーション変更の一環として、腰部の延長加工をおこないます。
    このキットは赤丸で囲った部分で腰の高さを決めているようです。

    この箇所を奥まで差し込まないようにすれば、延長できるという寸法です。

    結論として厚さ1.0mmのプラ板を挟み込むことで少し腰を延長できました。
    お手軽でかつ、ほぼ無加工なのが良いですね!


    余剰パーツでミキシング

    ゴリゴリに武装を盛るか検討中

    まずはバックパックを30MMのパーツを駆使しながら、ミキシングしたいと思います。
    ミキシングの案を考えるのが本当に楽しいです。

    今回は30MMのパーツと、プラネッツアーマーの「ネプテイトユニット」をバックパックに取り付けます。軸穴と軸がぴったりはまるので、無加工でいけました。

    あわせて読みたい
    【レビュー】HGBD メルクワン/ネプテイト/サタニクスユニット 【】 はい、みなさんこんばんは。みかん一等兵です。今回は『HGBD:R メルクワン/ネプテイト/サタニクスガンダム』を製作していきます。今回でコアガンダムシリーズ全ユ...

    ギリギリで自立するようなバランスです。
    『HGUC 1/144 MSA-0011 Sガンダム 』はごりごりに武装を盛っても映えるガンダムだと思うので、
    いろいろとお試しください。

    腕部上辺のウイングユニットには前回製作した『イオフレーム獅電』の武装で使用した「ガンプラバトルアームズの余剰パーツを接着してみました。

    大型のウイングスラスターで推力が上がったらいいなーという設定。
    何かインパクトが欲しくて“それっぽく”仕上げてみました。

    ついでに脚部と腕部の追加装甲を集めてきて、『HGUC MSA-0011 Sガンダム』に取り付ける予定です。

    出来上がりがいまから楽しみです。

    はい!今日の投稿は以上となります。
    来週には必ず完成させたいと意気込んでいる所存です。

    次回はスジボリガイドのおすすめテープと塗装編を投稿予定です。
    それではご覧いただきありがとうございました。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    シェアしていただけると励みになります!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次