HG UNIVERSAL CENTURY

HGUC MSA-0011 Sガンダム【延長加工ほか編③】

みかん一等兵
みかん一等兵
新企画!「ガンダム・センチネル」に登場する重武装MS『HGUC 1/144 S ガンダム』を製作編第3回を投稿していきます。Twitter/@mikanboy1009

HGUC 1/144 MSA-0011 Sガンダム 製作編➂

2022/03/17 ガンプラ製作日記

はい!みなさんこんにちは!
本日二次予約が開始されました『HG 1/144 ファントムガンダム』を無事に予約購入できました。

機動戦士クロスボーンガンダムのいちファンとしては、キット化と聞いて小躍りしたものです。

9月発送予定ということで、首を長くしながら待ちたいと思います!


HGUC 1/144 MSA-0011 Sガンダムのつづき

首の延長加工

それでは本題の『HGUC 1/144 MSA-0011 Sガンダム』の製作のつづきです。
まず本キットは首の上下の可動が一切しないので、首の延長加工を行います。

HGUC 1/144 MSA-0011 Sガンダム延長加工

ガンプラは首を引いてポージングすると、とても格好良くディスプレイできます。
延長加工はとても簡単に行えます。

まずは延長箇所の首の関節を切り離します。

首を切り離したあと、プラ棒かプラ板で延長していきます。
今回はプラ棒を使いました。

※余ったランナーでも代用可能です。

その後、接着剤でプラ棒と首の関節を接着します。
あとはピンバイスで接着したプラ棒と、丸くなっている接続軸を開口して真鍮線を埋め込みます。
※真鍮線のかわりにクリップなどでも代用できます。

結果、このような形になりました。

HGUC 1/144 MSA-0011 Sガンダム 肉抜き加工

少し延長しすぎてしまいましたね(汗)
やり直すのも大変なので、ネックカバーを余剰パーツで製作する予定です。

たくさんある余剰パーツ


腰部延長加工

プロポーション変更の一環として、腰部の延長加工をおこないます。
このキットは赤丸で囲った部分で腰の高さを決めているようです。

この箇所を奥まで差し込まないようにすれば、延長できるという寸法です。

結論として厚さ1.0mmのプラ板を挟み込むことで少し腰を延長できました。
お手軽でかつ、ほぼ無加工なのが良いですね!


余剰パーツでミキシング

ゴリゴリに武装を盛るか検討中

まずはバックパックを30MMのパーツを駆使しながら、ミキシングしたいと思います。
ミキシングの案を考えるのが本当に楽しいです。

今回は30MMのパーツと、プラネッツアーマーの「ネプテイトユニット」をバックパックに取り付けます。軸穴と軸がぴったりはまるので、無加工でいけました。

【レビュー】HGBD メルクワン/ネプテイト/サタニクスユニット HGBD:R メルクワン/ネプテイト/サタニクスユニットのレビューです。今回でコアガンダムシリーズ全種類コンプリートです。感無量!...

ギリギリで自立するようなバランスです。
『HGUC 1/144 MSA-0011 Sガンダム 』はごりごりに武装を盛っても映えるガンダムだと思うので、いろいろとお試しください。

腕部上辺のウイングユニットには前回製作した『イオフレーム獅電』の武装で使用した「ガンプラバトルアームズの余剰パーツを接着してみました。

大型のウイングスラスターで推力が上がったらいいなーという設定。
何かインパクトが欲しくて“それっぽく”仕上げてみました。

ついでに脚部と腕部の追加装甲を集めてきて、『HGUC MSA-0011 Sガンダム』に取り付ける予定です。

出来上がりがいまから楽しみです。

はい!今日の投稿は以上となります。
来週には必ず完成させたいと意気込んでいる所存です。

次回はスジボリガイドのおすすめテープと塗装編を投稿予定です。
それではご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

ABOUT ME
みかん一等兵
ガンプラをこよなく愛する素人モデラーのみかん一等兵です。 このブログはガンプラ製作日記の投稿をメインに、ガンプラ製作レビューなどを定期的に投稿していきます。 【プロフィール】 管理人は徳島県在住の一児の父です。 基本的には人と話すことが苦手な営業マンとして、細々と仕事をしています。 【徳島県ガンプラサークル】 アワハイムエレクトロニクス(徳島ガンプラサークル)さんに参加させて頂きました!しかしながら、生来のコミュ症により幽霊部員になってしまっているのが目下の悩み。 【ガンダムについて】 ガンダム作品は全シリーズ視聴していて、宇宙世紀からアナザー作品まで楽しめるガンダムファンです。 好きなシリーズはその時々で変わるのですが、∀ガンダムが特に好きです。 学生時代は機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズ通称「エウティタ」に青春を捧げた過去があります。 当サイトはこのプロフィール欄が人気コンテンツになっていて、とても不思議に思っています。 ガンプラ製作の腕前はお世辞にも上手ではありませんが、楽しんでガンプラ製作に励んでいきます。 どうぞ、よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です