完成品-Gallery

【ガンプラ製作日記】HGUC ガンダムTR-6【塗装レビュー】

HGUC ガンダムTR-6 塗装レビュー

脚周りのボリュームと、華奢なボディに対して
長大シールドブースター・ライフルモード等、バランスの良さを感じられる良キットです。

▼立ち絵
TR-6立ち絵

▼ライフルモード
ライフルモードポーズライフルモード2

▼クローモード
TR-6クローモードTR-6クローモード

当時はプレミアムバンダイ限定発売で物議を醸したようですが、

現在はガンダムベースにて購入出来るようですね。

足の脛当て部分に目立つ合わせ目が出来ますが、段落ち処理で自分を納得させました。

AOZの機体は格好良いので、是非お試し下さい。

コンペイトウ技術局で開発が進められた量産型可変MS。
TR計画の到達点、決戦兵器:ガンダムTR-6[インレ]のコア・ユニットとなるマルチロール機であり、その構想とスペックは最終的にMSの領域を超越したものとなっていた。
そして、このTR-6こそある種の「最強」に近い存在だったと言われている。

少数精鋭のティターンズは多数の兵器を用意するよりも1機の機体で多大な戦果を挙げられる、すなわち一騎当千の機体を求めた。“ティターンズの威光と権限の象徴”として相応しい機体には、一年戦争時に地球連邦軍、ジオン軍双方から恐れられる活躍を見せたRX-78-2「ガンダム」が選ばれる。
このガンダム信仰とでも言うべき思想から生まれたのがTR計画のガンダムTR-1[ヘイズル]であり、ギャプランTR-5までの全てのTRシリーズは、インレの実験機に過ぎなかった。

TR-1ヘイズル・アウスラの設計で必要充分と感じたティターンズは、TR-1からTR-5までの開発・試験運用から得たデータを基に、ガンダムTR-S[ヘイズル・フレア]を新たに開発した。
TR-Sヘイズル・フレアは「万能化換装システム」を搭載しており、インレのコアとなる予定だった。しかし軍部は万能化換装システムの有用性の実証に伴い、更なるアッパーバージョンの設計および既存機の規格統一・メンテナンス性の向上を目的とした「機種統合計画」を要求する。

この機種統合計画を織り込んで開発された一連の兵器体系のコードが「ガンダムTR-6」である。

自作はエントリーグレードガンダムを製作していきます。




ABOUT ME
みかん一等兵
ガンプラをこよなく愛する素人モデラーのみかん一等兵です。 このブログはガンプラ製作日記の投稿をメインに、ガンプラ製作レビューなどを定期的に投稿していきます。 【プロフィール】 管理人は徳島県在住の一児の父です。 基本的には人と話すことが苦手な営業マンとして、細々と仕事をしています。 【徳島県ガンプラサークル】 アワハイムエレクトロニクス(徳島ガンプラサークル)さんに参加させて頂きました!しかしながら、生来のコミュ症により幽霊部員になってしまっているのが目下の悩み。 【ガンダムについて】 ガンダム作品は全シリーズ視聴していて、宇宙世紀からアナザー作品まで楽しめるガンダムファンです。 好きなシリーズはその時々で変わるのですが、∀ガンダムが特に好きです。 学生時代は機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズ通称「エウティタ」に青春を捧げた過去があります。 当サイトはこのプロフィール欄が人気コンテンツになっていて、とても不思議に思っています。 ガンプラ製作の腕前はお世辞にも上手ではありませんが、楽しんでガンプラ製作に励んでいきます。 どうぞ、よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です