【改造ガンプラ】HGUC Ξ(クスィー)ガンダム【合わせ目編】

    HGクスィーガンダムにコアガンダムのフェイスパーツを加工してスリットを追加しました。
    目次

    HGUC 1/144 Ξガンダム 合わせ目消し編

    あわせて読みたい
    HGUC 1/144 Ξガンダム レビュー! 【について】 http://gundam-hathaway.net/mecha.html さて、先週の2月24日にファン待望の『HGUC 1/144 Ξガンダム』が発売されましたね!『Ξ(クスィー)ガンダム』...

    さて、前回に引き続き『HGUC 1/144 Ξガンダム』を製作していきます。

    今回は「合わせ目消し」「FACEマスクの加工」に挑戦していきます。
    主な合わせ目処理箇所は以下の通りです。

    ・HEADパーツのひさし部分
    ・ショルダー部分
    ・スタビライザー
    ・前腕部
    ・腰

    上記のうち、前腕部や腰の部分には段落ちモールド処理されていました。
    そのため全体的に合わせ目が目立たないキットでした。
    合わせ目が気になる方は、合わせ目消しに挑戦しても良いかもしれません。


    合わせ目を確認しよう!

    HEAD

    HG 『Ξ(クスィー)ガンダムのフェイスパーツの合わせ目を確認はい、こちらが頭部パーツの合わせ目ポイントです。
    ひさし部分の中央に合わせ目が出来ています。

    HGUC 1/144 Ξガンダム HEADパーツの紹介
    実際に組んでみると赤いアンテナ部分で合わせ目を覆っているので目立ちません。
    合わせ目処理の手順として以下の工程で合わせ目処理を検討しています。


    ショルダーパーツ

    HGUC 1/144 Ξガンダムボディパーツ上から見た図です。ショルダー部分に合わせ目があります。HGUC 1/144 Ξガンダムボディパーツ上から見た図です。
    ショルダー部分に合わせ目があります。

    HG クスィーガンダムのショルダーアーマーの合わせ目処理ショルダーアーマーのパーツ構成です。
    オレンジ色のバインダー部分の軸を両面からカットする事で、問題なく「後ハメ加工」ができました。


    スタビライザー

    クスィーガンダムのスタビライザーの紹介です。可動域良好なスタビライザーです。
    スタビライザーの中央に最中割りの合わせ目があります。
    シンプルに接着剤で接着することで合わせ目処理ができます。


    前腕部

    クスィーガンダムのアームパーツです。合わせ目のご紹介。

    前腕部のパーツです。
    前腕部に目立つ合わせ目がありますが、段落ちモールド化されています。

    HGクスィーガンダムの合わせ目加工の処理方法を検討前腕部は内部フレームを塗り分ける必要がないので、赤丸の箇所を接着することで合わせ目処理加工ができます。


    FACEマスクの加工

    HGクスィーガンダムにコアガンダムのフェイスパーツを加工してスリットを追加しました。『Ξ(クスィー)ガンダム』のマスク部分にスリットを追加しました。
    製作方法は、これから
    3体機以上製作する予定の『コアガンダム』のファイスパーツを活用しました。

    コアガンダムのフェイスパーツをヤスリで厚みを減らし、赤い口のパーツがハマるように削ることで取り付けることができました。

    接着剤も不要なのでお手軽に改造できます。

    HGクスィーガンダムの頭部パーツの紹介。マスク部部にスリットが入っていないのが特徴です。ちなみに通常のマスクパーツも手元に残っているので、付け替えて遊ぶことができます。


    『Ξ(クスィー)ガンダム』まとめ

    それでは今回の投稿は以上となります。『HGUCΞ(クスィー)ガンダム』の合わせ目加工のレビューでした。

    総じて合わせ目が目立ちにくいキットになっているので、合わせ目処理が必要か否かは好みが分かれるところだと思います。

    次回、塗装に向けて表面処理やニガテなスジボリの追加などを行っていきます。
    また、次回もよろしくお願いします。

    HGクスィーガンダムにコアガンダムのフェイスパーツを加工してスリットを追加しました。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    シェアしていただけると励みになります!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次