【ガンプラ製作道具】プロクソン ペンサンダー レビュー!

当ページには広告が含まれています。
    目次

    プロクソン ペンサンダー レビュー!

    ガンプラのヤスリ掛けの強い味方

    https://kiso-proxxon.co.jp/publics/index/20/detail=1/b_id=99/r_id=11/
    らびすけ

    管理人も愛用しているガンプラ製作道具を紹介します。

    あなたの模型製作を「ハックするハイパーヤスリ掛けマシン『ペンサンダー』をレビューします。

    ペンサンダーとは、電動のヤスリがけツールのことです。プラモデルや模型のゲート処理やパーティングラインの処理などに使われます。プロクソンという工具メーカーから販売されているペンサンダーが有名です。ペンサンダーは、先端に取り付けたヤスリを高速振動させて、パーツを削ることができます。手作業よりも早くて簡単にヤスリがけができるので、模型制作の時間短縮や疲労軽減に役立ちます。

    いやもう、これは事件ですよ!

    いやもう、これは事件ですよ!
    人をダメにするヤスリ掛けマシンという印象です。
    ガンプラ製作において大部分の時間を占める表面処理において、圧倒的な「時短」!精度の高い「面出し」!!が可能になりました。

    「2021年ベストバイ」候補筆頭です。


    それでは、簡単に「キソパワーツール ペンサンダー」を紹介していきます。

    ペンサンダー公式HP

    https://kiso-proxxon.co.jp/publics/index/20/detail=1/b_id=99/r_id=11/

    定価は¥10450円ですが、Amazonでは¥5250円でした。
    (2021年04月02日現在)スペックの欄に『定格使用時間15分』と記載があります。
    これはどうやら連続で使用できる時間が15分ということらしいです。

    ペンサンダーを長時間使用すると本体が熱を持つので、
    時には頻繁にスイッチをオンオフにしてあげると良いかもしれません。

    中身を確認してみよう!

    開封レビュー開始!


    パッケージの紹介です。
    ペンサンダー本体だけでなく、先端部の「アッパー」やヤスリペーパーも付属しています。

    本体とアッパーの紹介

    本体の色も『ザクⅡ改』みたいな濃い緑色をしています。
    アッパーは6種類付属しています。アッパーの土台をニッパーなどで小さく整形してあげるなど、工夫してみても良いかも。

    アッパーカット

    アッパーをカットしていきます。

    思い切ってニッパーでアッパーをカットする事で、細かいパーツをヤスれるようになりました。

    ヤスリ掛けの準備

    ヤスリシートはシールになっているので、ユーザーフレンドリーですね。
    ヤスリペーパー180番、ヤスリペーパー240番、ヤスリペーパー400番が1枚ずつ付属します。

    神ヤス!のスポンジヤスリを小さくカットしています。
    これで曲面のヤスリ掛けにも対応できます。
    これでヤスリ掛けの準備は万端です。

    実際に試してみよう!

    左がニッパーでえぐれてしまったパーツです。
    これを簡単にカバーすることができました。

    表面処理、ヒケ処理もなんでもござれっていう具合です。

    以上

    模型の効率化が図れるペンサンダーのご紹介でした。
    デメリットとしては音がうるさいのは間違いないので、住んでいる環境によっては注意が必要です。
    メリットはヤスリ掛けの負担がかなり軽減するところや、精度の高いヤスリ掛けを行えることができます。

    ぜひ、ガンプラ製作のおともにお役立てください。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    シェアしていただけると励みになります!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次