ガンプラ製作日記

【ガンプラ製作日記】SD エクスヴァルキランダー【塗装編】

エクスヴァルキランダーの髪の毛

SDBD:R エクスヴァルキランダー 製作日記

みなさんこんにちは『SDエクスヴァルキランダー』と、
『ジュピターヴガンダム』の塗装を同時に行っているみかん一等兵です。

塗装ブースの出し入れを面倒に思い、2体同時に塗装すれば効率的!と思い試してみましたが、とても後悔しています。

ガンプラが2体ともなるとパーツが細かく、
塗り分けの工程が複雑になり頭を抱えています。

やはり、ガンプラは1体ずつ向き合って製作するのが1番だなぁと思いました。


エアブラシ黒立ち上げ塗装

今回はいわゆる「黒立ち上げ塗装」を試しているのですが、これがまた難易度が高いです。

エクスヴァルキランダー黒たち上げ
ホワイト色は自分好みの重厚感あるホワイトになるのですが、
問題となるのが黄色、赤色、青色です。

エアブラシ塗装のHow to本で勉強すると、
ラッカー塗料1に対して薄め液1〜2倍の希釈が推奨されてました。

この比率でうす~く何度か重ね塗りするとのこと。

この希釈率が鬼門で、薄め液で希釈しすぎるバシャと塗料が掛かってしまいます。
特に黄色と赤色ではバーツの隅に液が垂れてしまうことがありました。

ガンプラのアンテナを塗装しています。
何度も黄色を塗り重ねたアンテナです。
塗料1に対して薄め液1.5くらいに調整しましたが、バシャッと液が跳ねてしまいました。

希釈率の結論

黄色や赤色等、隠ぺい力が低い塗料については塗料1に対して薄め液1が丁度よい塩梅でした。

今後黒たち上げ塗装を行う場合には、私のようにエッジ部分だけ残して塗装するテクニックがないような人は素直にホワイトやグレーサフの方が発色良く塗装できるかなと思った次第です。

現在おおまかな塗装が終わり、残すところ『エクスヴァルキランダー』の赤色やゴールドの部分塗装行う工程までたどり着きました。

もう少しで完成となりますので、最後までガンプラ製作を楽しんでといきたいと思います。

エクスヴァルキランダーの髪の毛



ABOUT ME
みかん一等兵
誰でも再現できるをモットーにガンプラ製作日記を投稿していきます。 激務、製作遅め、作業スペースなし、不器用。 そんな私ですが、魂込めて初心者なりにガンプラを製作していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA