目次

    ガンプラ製作日記

    イントロダクション

    はい!みなさんこんにちは!
    師走の忙しい季節ですが、みなさんは良いガンプラライフを送っていますか?
    どうもらびすけ一等兵です。

    さて、本日は『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』より、「HGUC 1/144 グフカスタム」を購入することが出来たので、パチ組みレビューを行っていきたいと思います。

    レビューの前に先日『ガンダムエアリアル』を無事に完成することができたので、
    そろそろ次の作品を考えていきたいと思います。

    そんな中、白羽に立ったのが「ザクⅢ改」です。
    思えばこのブログの運営を初めてから「ザク」系列の機体を本腰入れて製作していませんでした。

    なのでザクの中でも高性能機である「ザクⅢ改」を自由気ままに、製作していきたいと思います。

    この無骨なフォルムが渋くて格好いいですね!
    サイズ感もHGシリーズの中ではかなり大型なので、腕がなります。

    それでは本編の「HGUC 1/144 グフカスタム」をレビューしていきます


    HGUC 1/144 グフカスタム

    パーツレビュー

    HGUC 1/144 グフカスタムレビュー それでは各部位ごとにレビューしていきます。
    このガンプラについて公式では、『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』より、
    グフ系最高傑作「グフカスタム」がHGUCで登場と記載されています。

    『HGUC 1/144 グフカスタム』をパチ組みした感想ですが、最高傑作に疑う余地のないくらい良キットでございました。

    まず頭部の形状から上半身のデザインですが、精悍さを感じられて格好いいですね!
    ちなみに管理人は『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』の大ファンなので、バイアスが掛かった状態でレビューしていきます!小説版も読んだよ。

    腕部に関しては二重関節ではないので、上下の可動域はまずまずといったところです。
    そのぶん武器を持たせたときの保持力は十分なものを有しています。

    ショルダーアーマーには合わせ目があります。

    脚部に関しては段落ちモールド処理がされているので、合わせ目が目立ちません。
    気になる方は、ふくらはぎの下部だけケアしてあげると良いと思います。

    バックパックと付属品です。
    平手パーツの他、特徴的なガトリング・シールドが素敵です。
    ワイヤーアクションも再現できます。


    カラーガイド


    HGUC 1/144 グフカスタム

    まとめ

    この堂々たるプロポーション…最高です。
    グフ・カスタムは“地上におけるMSの移動能力の向上”を目指した機体です。
    特にB-3系はエースの愛機として赫々たる戦果を挙げていたとのこと。

    3連装35mmガトリングガンです。グフ系列のフィンガーバルカンの代替武装として汎用性が高くなっており、
    弾倉交換も用意となっています。

    ヒート・サーベルも格好いいです。

    ヒート・ロッドもリード線にて再現されています。
    中に針金が入っているので、ある程度自由に形状を決めることができます。

    長大なガドリング・シールドですが、保持力があるのでポージングも容易です。
    このキットはパーツのポロリが少なく、安定しているキットといった感想を持ちました。

    はい!ということで、本日は『HGUC 1/144 グフカスタム』をレビューしました。
    搭乗者のノリス・バッカードの愛機となっていて、無骨なデザインの中にもアクション性が感じられる良いガンプラだと思います。

    それではまた次回もよろしくお願いします。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    シェアしていただけると励みになります!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次