目次

    HG 1/144 ガンダムヘリオスについて

    絶賛放映中!ガンダムバトローグの新機体!

    はい!みなさんこんにちは!らびすけ一等兵です。
    今回は機体の新作ガンプラ『HG 1/144 ガンダムヘリオス』をレビューしていきます。
    このガンプラは「僕の考えた最強のガンダム」を地で行くような機体となっています。

    フリーダムガンダムの翼とダブルサテライトキャノンの配置が特徴的な豪華なガンダムです。
    ガンダムへリオスを組み立てながら、このパーツはどのガンダムのパーツが使われているのかなと考えることが楽しいガンプラでした。

    ガンダムヘリオス

    HG 1/144 ガンダムヘリオスは、ガンダムブレイカー バトローグ プロジェクトのオリジナル機体で、ゲームとアニメに登場します。デスティニーガンダム、フリーダムガンダム、ガンダムダブルエックスなど、様々なガンダムの意匠を集結したデザインで、クリアグリーンのパーツが多用されています。

    HG 1/144 ガンダムヘリオスのキットは、2021年11月6日に発売されました。
    価格は2,530円(税10%込)です。

    HG 1/144 ガンダムヘリオスの特徴は、接続方法が印象的なフリーダムガンダムのウイングユニットとダブルサテライトキャノンです。また、ビームライフル、大型ビームソード、ビームシールドなど、多様な武装も付属します。

    HG 1/144 ガンダムヘリオスのレビューを見ると、可動域や関節強度が高く、ポージングがしやすいという評価が多いです。 また、色分けやパーツ分割も優秀で、シールの使用も少ないという点も好評です。

    HG 1/144 ガンダムヘリオスは、ガンプラファンにとって魅力的なキットだと思います。

    公式サイトより

    ガンダムヘリオス公式

    https://bandai-hobby.net/item/4575/

    ガンダムブレイカーバトローグは、全6話で現在「GUNDAM Channel 」にて第4話まで放映されています。
    毎週火曜日の更新を楽しみにしていますが、正直内容は「う~ん」な印象です。

    原作のガンダムブレイカーを遊んでいないせいだと思いますが、
    どのキャラクターに感情移入したらいいか分からないなぁと思っています。

    あと謎の仮面の男の動機が小さすぎて小物感が否めないです。

    ただ、登場するガンプラは「バルバタウロス」を筆頭にとても格好良いです。

    これからもどんどん立体化されていくみたいなので、ガンプラづくりを楽しみたいと思います。

    HG 1/144 ガンダムヘリオス レビュー

    デスティニーガンダムの要素が強めなミキシングガンプラ

    HG 1/144 ガンダムヘリオスノーマル

    はい!こちらがバックパックを背負っていないヘリオスです。
    ディスティニーガンダムの頭部がとても格好良く、イケメンガンダムフェイスとなっています。

    HG 1/144 ガンダムヘリオスサイド

    横からです。
    この機体は全身にクリアーパーツが使用されていて、派手な印象があります。
    個人的にはニッパーで切り出すときに引っかかる感じが苦手ですが、フィン展開ギミックは楽しいです。

    特徴的なバックパックです。
    可動域良好で自由に翼を展開することが出来ます。現実にガンプラバトルがあれば、サテライトキャノンをぶっぱしたいと思っています。

    ガンダムへリオス素組みポーズ

    バックパックを背負うとボリューム感があって迫力が増します。

    フリーダムのようなヘリオス

    翼の取り付け位置を変更すると、フリーダムガンダム感が増すので印象が変わりますね。

    ガンダムへリオススバ翼の展開

    バックパックの翼を展開してみました。
    塗装することで、神々しいガンダムが製作できそうです。

    ツイン ダブルサテライトキャノン展開!

    パルマフィオキーナ展開用ハンドパーツが本当に良い仕事をしてくれます。

    ガンダムへリオス ビームサーベル

    武装も豊富です。
    ビームシールドにガンダムダブルエックスの大型ビーム・サーベルも付属しています。

    ガンダムヘリオス

    台座は付属していないのですが、この機体は空中の機動戦が映えるガンダムです。
    個体差があるかもしれませんが、胴体部分の接続が甘くグラついてしまいました。

    ビームライフル ガンダムヘリオス

    ビーム・ライフルも標準装備しています。

    はい!以上です。
    プロポーションが良好でポージングが映える格好良いガンプラでした。

    公式でもミキシングでオリジナルガンプラを製作することが推奨されているので、
    パーツの組み換えが醍醐味なガンプラだと思います。

    ミキシングのベース素材でも大活躍してくれそうなので、きちんと保管しておきます。


    おまけ

    ガンダムヘリオス余剰パーツ フリーダムガンダムと、ディスティニーガンダムの余剰パーツがでます。
    頭部があれば、もう一機体作れそうな量でした。

    おまけのおまけ
    次回レビュー予定の30MMシリーズの「エスポジット β」とのミキシングです。

    それでは次回の投稿でもよろしくお願いします。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    シェアしていただけると励みになります!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次