AGE-FX 合わせ目消し編
    目次

    HG 1/144 ガンダムAGE-FX 改造編のつづき

    遅々として進まず、されど着実に

    HG 1/144 ガンダムAGE-FX改造中

    はい!みなさんこんにちは!
    らびすけ一等兵です

    最近のガンプラ界隈では『ENTRY GRADE 1/144 νガンダム』の発売で盛り上がっていますね!
    管理人もさきほど模型屋さんで購入してきました。

    発売から数日経過しても新作ガンプラが普通に購入できたので、嬉しい所存です。

    https://bandai-hobby.net/item/5007/

    『ENTRY GRADE 1/144 νガンダム』はフィンファンネルや、ハイパー・バズーカ、ビーム・サーベルなどが付属していないプレーンなキットです。しかしながら低価格かつサクサクと組み立てられるキットなので、ミキシングや改造などが捗りそうだなぁと思います。

    さて、本日のテーマである『HG 1/144 ガンダムAGE-FX』改造編のつづきですが、プラ板を加工してパーツを製造することに挑戦しています。

    プラ板加工中

    これがなかなか難しく、工程が遅々として進んでいませんが毎日コツコツと製作しています。完成まで程遠いですが、頑張るぞーという気持ちです。

    本日は『HG 1/144 ガンダムAGE-FX』の頭部合わせ目消し等を投稿していきます。

    頭部の合わせ目消し

    後ハメ加工って難しい

    HG 1/144 ガンダムAGE-FX 頭部の合わせ目処理

    それでは『HG 1/144 ガンダムAGE-FX』の頭部合わせ目処理を行っていきます。
    頭部パーツの合わせ目処理は後ハメ加工が必要なことが多く、難易度が高く感じています。

    最近のキットでは頭部の合わせ目が出ないよう、パーツ分割されているキットもあるのですが大半のガンプラでは合わせ目処理必要です。

    管理人は頭部の合わせ目については「モールド!」とモールドに見立てているので、基本的に合わせ目処理を行ってきていません。

    しかしながら、今回はオラザク投稿用として製作しているつもりなので、合わせ目消しに挑戦した次第なのです。

    『HG 1/144 ガンダムAGE-FX』はフェイスマスクの両頬部分と、フェイスガードの内側をヤスリで削ることで後ハメ加工に対応できるようです。

    AGE-FX 合わせ目消し編

    3パーツに分かれている頭部パーツ

    また、後ハメ加工する際には接続穴の開口と接続ピンを差し込みやすくするよう接続ピンを細く加工しています。

    塗装後に頭部パーツにフェイスマスクを差し込むことで処理の完成です。
    フェイスマスクの接続ピンを加工しているのでグラつくときは接着してしまう予定です


    今回の製作コンセプト

    AGE-FX Aファンネル装備

    今回の製作コンセプトは『HG 1/144 ガンダムAGE-FX Aファンネル装備』を再現したい!がテーマです。この機体の特徴は脚部、腰部、肩部にAファンネルが2基づつ配備されている点です。

    完全なスクラッチは管理人の技術力では再現不可能なので、余剰パーツや過去製作したガンプラから“パーツ取り”+プラ板を加工することで再現していきたいと思います。

    現状は悪戦苦闘しながらショルダーアーマーはプラ板で自作しているので、多くの時間が掛かっているわけです。

    詳細はプラ板加工が一段落したらブログで投稿していきたいと思います。

    それでは今回の投稿は以上となります。
    投稿内容が薄い点についてはご愛嬌ということで、ご留意ください。

    ご覧いただきありがとうございました。

    AGE-FX 合わせ目消し編

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    シェアしていただけると励みになります!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次