目次

    HG 1/144 ガンダムバルバトスルプス  絶賛改造中!

    両腕部の合わせ目が気になります

    バルバトスルプスの合わせ目処理について

    さて、前回に引き続き『ガンダムバルバトスルプス』の改造過程を投稿していきます。今回は「合わせ目処理及び、後ハメ加工」について投稿していきたいと思います。

    管理人はなるべく「合わせ目処理」をしない方向で考えているのですが、『ガンダムバルバトスルプス』は両腕部の合わせ目がかなり目立つので処理していきます。

    あ、どうもみかん一等兵です。
    今回は前置きなしでお送りします。


    後ハメ加工に四苦八苦!

    バルバトスルプス合わせ目

    それでは合わせ目処理の過程をお伝えしていきます。
    前腕部には細かいディテールが掘られているのですが、合わせ目処理をすると間違いなく消えてしまいます…残念!

    腕の構造はこのような感じになっています。
    このまま接着してしまうと関節部の塗装が大変なので、「後ハメ加工」にチャレンジです。

    まずは腕の関節部分を後からはめられるように、腕の関節部分のダボ軸をおもむろにカットしました。このときは後ハメ加工をうまくできるか不安でしたが、「失敗」したらバルバトスの腕を移植すればいいやと気軽に考えていました。

    失敗後の保険を考えておくのも大事。

    関節のダボ軸をカットしただけだと、関節と腕部のパーツが干渉してしまうので、腕部の赤○部分をカットする必要があります。ここの思い切りが一番大切です。

    なので、最も大きな接続軸を丸ごとカットすることにしました。
    この部分を取り除くと、接着した後からも関節部分をはめることができると思います。

    カットした後はこのような感じになりました。
    軸同士の接続部分がなくなってしまったので、手首とハンドパーツをつなぐ接続軸を残して接着することで完成です。


    合わせ目処理完遂!!

    はい!という感じで合わせ目処理を完遂です!
    塗装後に関節を手首の接続パーツに当てはめるような感じで関節部分を取り付けていきます。後ハメ加工は正解が分かりづらいので、思い切りが必要かなと思いました。

    ちなみに「タミヤセメント流し込みタイプ<速乾>」の接着剤は合わせ目の処理にも活躍してくれるので、管理人おすすめアイテムです。

    [jin_icon_pencil color=”#e9546b” size=”18px”] 改造中のバルバトスルプスです。

    合わせ目処理をするためにヤスリがけを行うと、懸念していた前腕部のディテールがヤスリがけでなくなってしまいましたね…。スジボリでラインを引き直すか、ディテールアップパーツでお茶を濁そうかなと思います。

    現在改造するイメージも大分掴めて来ましたが、表面処理やエッジ出しも終わっていないので、完成までかなりの時間が掛かりそうです。

    定期的に投稿していくので、今後とも当ブログをよろしくどーぞ!

     

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    シェアしていただけると励みになります!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次