完成品-Gallery

【ガンプラ】HGUC クロスボーンガンダムx1【塗装レビュー】

【HG クロスボーンガンダムx1パッチワーク風 全塗装】完成レビュー

HGUCクロスボーンガンダムx1をパッチワーク風に全塗装しましたので、
完成レビューを行わせていただきます。

クロスボーンガンダムは富野由悠季原作、長谷川裕一作画の漫画作品です。
現在はクロスボーンガンダムDUSTが連載中で物語も佳境となっています。
(現12巻まで刊行)

今キットは他のHGシリーズのキットより頭1つ分小さいスケールです。
時代設定的にシールドがビームシールドとなり、遠距離戦では決定打になりにくいため、
接近戦に強く調整した期待となっています。

武装の再現性や可動域も良好、飾っても恰好良いキットとなっています。

◆ ポーズ

部分塗装がもう大変でしたが、
スタイリッシュで可動域も良好なうえイケメンな機体です!

◆ 立ち絵

◆ アンカーシールド

◆ ビームザンバー


◆ ザンバスター

◆ バスターガン

今回はガンプラ製作5作目になりますが、5作目にして出来が最も粗くなってしまいました。
主にエナメル塗料でパーツが多いぼろぼろと割れてしまい、刻のなみだをみました。

しかしながら、製作していてクロスボーンガンダムめっちゃ格好良い機体だなと改めて実感しました。

今回はエナメル塗料で部分塗装を実施したところ、
ボディや脛当て、スカート部がバッキバキに砕けてしまい心がポッキリと折れかけました。

パッチワーク風に塗装するのは楽しく、なんちゃってアンカーシールドも取り付けてみました。

次回作はもう少し丁寧に作製するのを心がけます。

HGUCで細かい色分けが多いキットですか、
可動域良好かつ、武装も豊富で劇中シーンの再現が楽しめました。

機会があれば、RGもマントの造型が格好いいので、いつか挑戦します!

お目汚し失礼しましたが、
良かったら次作のガンプラもご覧下さい。

マントを翻す宇宙海賊 クロスボーン・ガンダムX1改、HGUCシリーズで登場!!
『機動戦士クロスボーン・ガンダム』より、クロスボーン・ガンダムX1改をHGUCシリーズで商品化。
クロスボーン・ガンダムの印象的なABCマントや武装を次々と再現!

● ABCマント付属!
クロスボーン・ガンダムの特徴的なABCマントをハリ感のある特殊なビニール製の素材で再現。
布や成形品とはひと味違うフレキシブルな表現が可能。

● 新規造形の2種の武装!
両手での装備が可能なX1改の特徴的な武器スクリュー・ウェッブと、
X1が装備するシザー・アンカーも、新規造形パーツと自由な軌跡が描けるリード線で再現。
シザー・アンカー用の本体基部パーツも新規で付属。

● リア・アーマー形状再現!
X1改の特徴的な本体形状を成形パーツで再現。

● ポージングの幅が広がる豊富な付属武装。武器専用ハンドパーツも充実。
付属武装 : スクリュー・ウェッブ / シザー・アンカー / ザンバスター(ビーム・ザンバー / バスターガン )
ヒート・ダガー / ビーム・サーベル / ブランド・マーカー / ビーム・シールド/




ABOUT ME
みかん一等兵
ガンプラをこよなく愛する素人モデラーのみかん一等兵です。 このブログはガンプラ製作日記の投稿をメインに、ガンプラ製作レビューなどを定期的に投稿していきます。 【プロフィール】 管理人は徳島県在住の一児の父です。 基本的には人と話すことが苦手な営業マンとして、細々と仕事をしています。 【徳島県ガンプラサークル】 アワハイムエレクトロニクス(徳島ガンプラサークル)さんに参加させて頂きました!しかしながら、生来のコミュ症により幽霊部員になってしまっているのが目下の悩み。 【ガンダムについて】 ガンダム作品は全シリーズ視聴していて、宇宙世紀からアナザー作品まで楽しめるガンダムファンです。 好きなシリーズはその時々で変わるのですが、∀ガンダムが特に好きです。 学生時代は機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズ通称「エウティタ」に青春を捧げた過去があります。 当サイトはこのプロフィール欄が人気コンテンツになっていて、とても不思議に思っています。 ガンプラ製作の腕前はお世辞にも上手ではありませんが、楽しんでガンプラ製作に励んでいきます。 どうぞ、よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です