目次

     HGUC 1/144 クロスボーン・ガンダムX1改 完成

    パッチワークカラーに塗装!



    らびすけ

    機動戦士クロスボーンガンダム鋼鉄の7人に登場したパッチワークをモチーフにして塗装しました。


    はい!みなさんこんにちは!
    今回はプレミアムバンダイで発売された、『HGUC 1/144 クロスボーン・ガンダムX1改』をパッチワーク仕様に製作したのでご紹介していきます。

    クロスボーンガンダムは富野由悠季原作、長谷川裕一作画の漫画作品です。
    現在はクロスボーンガンダムDUSTが連載中で物語も佳境となっています。
    (現12巻まで刊行)

    今キットは他のHGシリーズのキットより頭1つ分小さいスケールです。
    時代設定的にシールドがビームシールドとなり、遠距離戦では決定打になりにくいため、
    接近戦に強く調整した期待となっています。

    武装の再現性や可動域も良好で、シンプルに格好良いキットとなっています。
    色分けについてはシールで補うことが多く、細かく塗り分ける必要があります。



    今作で工夫した点はアンカーシールドを自作してみたことです。
    余剰パーツのフットパーツをシールドに見立てています。


    ショルダー部分や腰部に「レッドポイント」を試してみました。
    情報量と差し色がはいるので、今後ブラッシュアップしていきたいと思います。


    ◆ ザンバスター

    ◆ バスターガン

    当ブログで5作目に完成した本機ですが、
    クロスボーンガンダムのモビルスーツデザインがとても格好良い機体だなぁと改めて実感しました。

    今回はエナメル塗料で部分塗装を実施したところ、
    ボディや脛当て、スカート部がバッキバキに砕けてしまい心がポッキリと折れかけました。

    パッチワーク風に塗装するのは楽しく、なんちゃってアンカーシールドも取り付けてみました。

    次回も自由にガンプラ改造に励みたい所存です。ではでは。


    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    シェアしていただけると励みになります!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次