【ガンプラ製作日記】HG 1/144 デミトレーナー【レビュー】

    目次

    HG 1/144 デミトレーナー

    拡張パーツセットも紹介します

    HG 1/144 デミトレーナーレビュー はい!みなさんこんにちは!
    年末モードのらびすけ一等兵です。
    今年は義実家でガンプラ年越しの予定です!

    さて、今回は水星の魔女に登場する教習用MS『HG 1/144 デミトレーナー』をレビューしていきます。

    デミトレーナーはアスティカシア高等専門学園で広く普及している機体とのことです。
    宇宙世紀のポジショニングとしては「ジムライトレーナー」という立ち位置になるかもしれません。

    余分な要素をそぎ落とした本機の設計は、操作性や整備性が高い機体です。
    ガンプラでも非常にシンプルな構成で、あっという間に組み立てることができます。

    発売日は2022年12月10日、価格は1320円でした。
    それではレビューしていきます。

    ランナー/カラーレシピ

    それではランナーから紹介していきます。

    ランナー数は3枚とかなりシンプルな構成になっています。
    水星の魔女シリーズのガンプラはランナーがパーツ毎に仕分けされているので組み立てやすいですね!

    カラーガイドです。
    ジムカラーやザクカラーに染めても面白いかもしれません!


    パーツレビュー

    デミトレーナーの上半身です。
    真ん中のカラーはシールで選択式となっています。
    首は引き出して可動範囲を拡張、腰部のボールジョイントは空間を設けた構造で前傾・後傾の姿勢が可能とのことです。

    指揮官ブレードならぬ、決闘用のパーツも付属しています。

    脚部ユニットです。
    可動域は良好で無骨なデザインもいいですね!

    腕肩は引き出し可動により腕部の可動域が拡大。前腕部も回転可動を搭載されています。

    武装はシンプルにつきますね!

    まるで同一の世界観とは思えないですね笑
    デミトレーナーの身長もエアリアルと頭一つ分くらい低くなっています。


    HG 1/144 デミトレーナー まとめ

    シンプル機体の極致

    はい!それではパチ組みした写真と、『HG 1/144 デミトレーナー用拡張パーツセット』 も紹介していきます。

    デミトレーナーを製作してみたところ、どこか30MMシリーズに雰囲気が近いなぁと思いました。
    脚部の関節構造など30MMシリーズのノウハウがガンプラにも活かされているような印象を受けました。

    この量産機ちっくな機体も良きですね!


    HG 1/144 デミトレーナー用拡張パーツセット

    それでは再後にデミトレーナー用拡張セットを紹介していきます。
    パーツの組み換えでいろいろな武器を選択することができます。

    3本指の平手がキュートですね!
    【付属品】
    ■ビームライフル×1
    ■ガトリング×1
    ■給弾ベルト×1
    ■コンバットナイフ×1
    ■丸ノコパーツ×1
    ■ドリルパーツ×1
    ■ミサイルランチャーパーツ×1
    ■ハンドパーツ 平手(左右)×1
    ■ジョイントパーツ×1式

    丸のこだったり

    ドリルパーツなど、戦闘用というより工事に使用できるような器具も付属されています。

    コンバットナイフもアタッチメントが付いているので装備することが可能です。

    ビームライフルやガトリングなど戦闘もこなせそうな武装も付いています。
    丁度いいので、製作中の「ザクⅢ」に持たせてみようかと思います。

    それでは以上です。
    また次回もよろしくお願いします。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    シェアしていただけると励みになります!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次