HG ガンダムF91

HGUC 1/144 ガンダムF91【レビュー】

HGUC 1/144 ガンダムF91

漫画版F91プリクエルが面白い

詳細ページ

はい!みなさんこんにちは!
普段通りのみかん一等兵です。

さて、本日は機動戦士ガンダムF91の主役機『HGUC 1/144 ガンダムF91』をレビューしていきます。

管理人はガンダムF91がとても好きなモビルスーツなので、バイアスを掛けてレビューします(笑)ちなみに、ガンダムAで連載されている「機動戦士ガンダムF91」の前日譚であるガンダムF91プリクエルがとても面白いので、興味のある方は上のリンクからお試しから読んでみてください。

内容は映画版の前日単ということで、シーブックとセシリーの出会いやクロスボーンバンガードの開戦準備、AE社とサナリィ社のMSコンペなど見所満載です。

富野監督が執筆された「小説版F91」がどうやら名作らしいのでkindleで購入してみました。これを機に読んでみたいと思います。

それでは、前置きが長くなりましたがF91をレビューしていきます。

HGUC 1/144 ガンダムF91レビュー
のちのち改造製作する予定なので、シールはツインアイのみ貼っています。


HGUC 1/144 ガンダムF91

ランナーレビュー

それではいつもながら、ランナーレビューから紹介していきます。
パケ絵もすこぶる格好いいですね。背景に映っているビギナギナもHG化してください。バンダイさん!

ランナーの全体図です。
この時代U.C.123年ごろのモビルスーツは小型で高性能化が進んでいます。
なので、15.3mというサイズになっています。プラモデルでもそれが反映されているので、各パーツがひと回り小さく感じます。

カラーガイドです。調色数が少ないので、原色に近いカラーリングになっていますね。


パーツレビュー

それでは『HGUC 1/144 ガンダムF91』の上半身から紹介していきます。
パーツ選択式でフェイスガードが再現できます。
ツインアイのホイルシールがよく光ってくれます。

ヘルメットをスポット外すことで、フェイスマスクを変更できます。

このキットは可動域が優秀だったりプロポーションも良いのですが、マシンキャノンやサイドスカートを黄色に塗る必要があります。

特徴的なバックパックは段落ちモールド処理されているので、合わせ目処理は不要です。
奥まったところの合わせ目処理は大変なので、安心です。

特徴的なショルダーアーマーの「F91」の エンブレムはシールで再現します。
プレーンな感じだと、少し物足りなさを感じますね。

腕部の可動域は二重関節になっていて、文句のつけようがないくらい優秀です。

ショルダーアーマー中央には合わせ目があります。

脚部ユニットのふくらはぎは“最大稼働状態”用にスラスターが開閉式になっています。
 可動域も優秀ですが、パーティングラインが気になりますね。

ビームランチャーの造形が細かかったり、ヴェズバーが可動したりとギミックも楽しめます。

ヴェズバー中央には合わせ目があります。
ビームランチャーは腰にマウントが可能です。


『HGUC 1/144 ガンダムF91』まとめ

作りやすく優秀だけど塗り分けは必要なキット

それではパチ組みした写真を投稿していきます。
ビーム・シールドを展開すると近未来的なモビルスーツデザインになるので、見応えがあります。

シールや色分けしていなくても、これはこれで。

ヴェズバーの可動ギミックはとても格好いいです。
可動域も広いです。

ビーム・サーベルは2本付属していますが、サイズは太めです。

最大稼働状態はフェイスガードのオープンとショルダーアーマなど各部のフィンが全開放されます。

はい、ということでHGUC 1/144 ガンダムF91のレビューでした。
F91ファンにはたまらないガンプラでした。

色々と手を加えたいガンプラが列をなしていますが、それそろザクⅢをどうにかしないといけない今日この頃です。

ABOUT ME
みかん一等兵
ガンプラをこよなく愛する素人モデラーのみかん一等兵です。 このブログはガンプラ製作日記の投稿をメインに、ガンプラ製作レビューなどを定期的に投稿していきます。 【プロフィール】 管理人は徳島県在住の一児の父です。 基本的には人と話すことが苦手な営業マンとして、細々と仕事をしています。 【徳島県ガンプラサークル】 アワハイムエレクトロニクス(徳島ガンプラサークル)さんに参加させて頂きました!しかしながら、生来のコミュ症により幽霊部員になってしまっているのが目下の悩み。 【ガンダムについて】 ガンダム作品は全シリーズ視聴していて、宇宙世紀からアナザー作品まで楽しめるガンダムファンです。 好きなシリーズはその時々で変わるのですが、∀ガンダムが特に好きです。 学生時代は機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズ通称「エウティタ」に青春を捧げた過去があります。 当サイトはこのプロフィール欄が人気コンテンツになっていて、とても不思議に思っています。 ガンプラ製作の腕前はお世辞にも上手ではありませんが、楽しんでガンプラ製作に励んでいきます。 どうぞ、よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です