HG 1/144 ファントムガンダム【レビュー】

当ページには広告が含まれています。
    目次

    ファントムガンダムについて

    胸アツ激アツなガンプラ!ファントムガンダム!

    ファントムライト はい!みなさんこんにちは!
    ファントムライト初起動シーンが好きすぎるらびすけ一等兵です。
    本日はプレミアムバンダイで発売された『HG 1/144 ファントムガンダム』をレビューしていきます。


    残念ながら、現在は予約受注が終了しているので再販が待たれるガンプラです。
    管理人ももうひとつ購入しておけば良かったと、深く反省している次第。

    ともあれ、全身緑色の主人公機というのはかなりインパクトがありますね!
    ご存じの方は多いでしょうが、ファントムは「機動戦士ガンダムクロスボーン・ガンダムゴースト」に登場するモビルスーツで一騎当千を謳う「サーカス」部隊で2機目に開発された機体です。

    開発系譜として、サナリィ製の「F99レコードブレイカー」と木星の「アマクサ」を掛け合わせることで誕生した機体です。

    最大の特徴は活動限界15分でミノフスキー・ドライブを使用できる「ファントムライト」でしょうか。ようは「光の翼」なのですが、木星の技術力不足のためIフィールドで無理やりミノフスキー・ドライブを抑えつけている状態です。

    全身から炎のようなIフィールドの鎧を展開させることで、V時アンテナに見立てているのは素晴らしすぎるアイデアですね!流石は長谷川先生!!最高です。

    それでは『HG 1/144 ファントムガンダム』をレビューします。


    HG 1/144 ファントムガンダム レビュー

    ランナー/カラーレビュー

    それではランナーレビューを行っていきます。
    予約開始日は5月30日12時で、当時は予約戦争に敗北して枕を涙で濡らした記憶があります。
    管理人は第2次受注のときに購入できました。価格は2750円です。

    ランナーはやはりファントムライト用のエフェクトパーツのインパクトが強いですね!
    一部関節には「クロスボーンガンダム」と共通のランナーが使用されていました。

    カラーレシピはこのような形です。
    イエローグリーンがメインカラーになっています。


    パーツレビュー

    頭部についてはファントムライト用と、「強制二段階排熱モード」用の2種類付属しています。
    強制排熱モード用のシールも付属していますが、後々改造するときに使用するのでここでは割愛。

    胴体及び、腰部パーツです。
    バックパックの取り付けには最新キットの水星の魔女と同規格となっています。
    サイドスカートはフレイムソードの鞘の役割もあります。

    エックス字のようなバックパックは上下に可動します。

    腕部も取り付けてみました。
    どことなく丸みを帯びた有機的なフォルムになっていますね。

    腕部の可動域はそれはもう素晴らしいものとなっています。
    二重関節の恩恵ですね!合わせ目ができる箇所には段落ちモールド処理がされているので、
    ほぼ合わせ目が存在しません。

    脚部も同様です。太もものパーツ分けが気になるところではありますが、可動域は抜群に良いです。

    付属品に関しては一部クロスボーンガンダムと共通のランナーがあるので、ダガーやナイフも付属されてます。
    また、ファントムライト射出用とプレーンなタイプの2種類付属されています。

    平手やら“ウリ”のひとつであるエフェクトパーツは豪勢に付属しています。

    バタフライバスターBと、

    フレイムソードが2種類付属しているので、躍動感がある原作のシーンを再現できます。


    HG 1/144 ファントムガンダム まとめ

    一般販売して欲しいガンプラ筆頭です

      それではパチ組みした写真を投稿していきます。
    いやもうほぼ完璧に立体可されたファントムっていうくらい気に入っています。

    合わせ目や、可動域も秀逸なキットになっているので、不満点を上げるのが難しいガンプラです。
    不満な点は入手性といったところです。

    バタフライバスターBはパーツの差し替えで、ガンモードとソードモードを選択することができます。

    プレーンタイプのファントムも十分に格好いいですね!

    サイドスカートにはフレイムソードが格納されています。
    劇中では巡航形態であるミラージュワゾーへに変形する際に、変形機能のロックを解除にも使用されていました。

    本当に格好いいガンプラですね!大変気に入ったので、今日からファントムの改造に着手する予定です。


    ファントムライト

    ファントムガンダムのガンプラレビュー それでは最後にファントムライトを紹介したいと思います。
    原作の初めてファントムライトを起動するシーンは震えるほど格好いい!ので、
    ぜひコミックスを読んでいただきたいと思います!

    怒りを顕にするようなハンドパーツもナイスチョイスです。
    エフェクトパーツは各パーツにはめ込むような形で取り付けるので、簡単にファントムライトを起動できます。

    フレイムソードも二種類付属されているので、躍動感があるポージングも可能です。

    はい!ということで『HG 1/144 ファントムガンダム』のレビューでした!
    次回以降にこのファントムガンダムを使って、ゴーストガンダムを製作していくので、ご期待ください。おわり。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    シェアしていただけると励みになります!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次