HGUC 百式

【改造製作日記①】HGUC 1/144 百式【合わせ目消し編】

HGUC 1/144 百式 改造開始編

今回の製作テーマは…特になし!

はい!みなさんこんにちは!
みかん一等兵です。
今回から新企画として、『HGUC 1/144 百式』を改修していきたいと思います。

HGUC 1/144 百式

構想段階では『百式』を「零式」に改造しようと考えていましたが、手を加える箇所が多く断念しました。スクラッチ技術がないので…。

「零式」は動戦士ZガンダムDefineに登場するMSで「リックディアス」と共通の意匠が多い「百式」です。

公式ページ

 

なので、今回は各種ディティールアップを中心に改造していきたいと思います。
塗装についてはゴールド2色使ったグラデーション塗装か、カラーリングで遊ぶことを検討しています。


合わせ目消しにチャレンジ!

速乾流し込み用接着剤は全てを解決します

さて、とりあえず表面処理として400番→600番とヤスリがけを行いました。
ペンサンダーというチートアイテムを使用しても結構な時間が掛かりました。

まず、最初に取り掛かるのは合わせ目処理です。
このキットはクレイ・バズーカと脚部中央にあるシリンダー部の合わせ目くらいしか合わせ目がありません。優秀なガンプラですね!

 

パーツに隙間を少し開けて接着剤を流し込むだけで、処理は完了です。
この「タミヤセメント流し込み用」はとても使いやすいのでオススメです。

脚部中央のシリンダーも接着していきます。


脚部パーツのディールアップ

次にプラ板と「HG ディティールパンチ」を活用して、脚部に追加装甲を足していきます。
『ガンダムMK−2』のときにも投稿しましたが、「HG ディティールパンチ」にはまだまだお世話になりそうです。

デザインナイフなどを用いて、プラ板を斜めにカットしていきます。
工夫次第では様々なデザインを用意することができるので、いろいろと試してみてください。

スジボリも追加して、フットパーツのディティールアップの完成です。
RG Zガンダムのときに話題にした「タガネ エングレーバー」ですが、正直推せるアイテムです。かなり彫りやすいので、スジボリが楽しくなってきました。


HGUC 1/144 百式 改造開始編 まとめ

はい!ということで、第1回『HGUC 1/144 百式 改造開始編』でした。
最近は扁桃炎でしんどい時が多かったので、睡眠時間の確保を優先しています。

“1日1時間以上ガンプラ製作を楽しむ”をモットーにしていますので、今後もマイペースに製作していきたいと思います!

それではここまでご覧いただきましてありがとうございました。

ABOUT ME
みかん一等兵
ガンプラをこよなく愛する素人モデラーのみかん一等兵です。 このブログはガンプラ製作日記の投稿をメインに、ガンプラ製作レビューなどを定期的に投稿していきます。 【プロフィール】 管理人は徳島県在住の一児の父です。 基本的には人と話すことが苦手な営業マンとして、細々と仕事をしています。 【徳島県ガンプラサークル】 アワハイムエレクトロニクス(徳島ガンプラサークル)さんに参加させて頂きました!しかしながら、生来のコミュ症により幽霊部員になってしまっているのが目下の悩み。 【ガンダムについて】 ガンダム作品は全シリーズ視聴していて、宇宙世紀からアナザー作品まで楽しめるガンダムファンです。 好きなシリーズはその時々で変わるのですが、∀ガンダムが特に好きです。 学生時代は機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズ通称「エウティタ」に青春を捧げた過去があります。 当サイトはこのプロフィール欄が人気コンテンツになっていて、とても不思議に思っています。 ガンプラ製作の腕前はお世辞にも上手ではありませんが、楽しんでガンプラ製作に励んでいきます。 どうぞ、よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。