完成品レビュー

ガンダムリアルタッチマーカー 初挑戦【HWS完成編】

ガンダムリアルタッチマーカー お試し編

結果として「汚く見えてしまう」とウェザリングの表現の違いとは…。

さて、今回は『RG νガンダム HWS拡張セット』製作日記の番外編して、ガンダムリアルタッチマーカーを使ってみた編を投稿していきます。

今作の『HWS』は重装甲アーマーなので、ガンダムリアルタッチマーカーとつや消しスプレーで、簡単フィニッシュで仕上げていきます。

ちなみに『RG νガンダム 』は全塗装で製作しています。


リアルタッチマーカーとは

概要

公式ページ

なるほど、なるほど。
汚れや、ぼかし塗装を手軽にリアルタッチで表現できるペンとのこと。
それでは実際に試していきましょう!


ぼかし表現に必要なもの

・リアルタッチグレー3
・メラミンスポンジ
・ビニール手袋

私の住んでいる環境では、リアルタッチマーカーの単品が販売していなかったのでリアルタッチマーカーセットを購入しました。

メラミンスポンジはリアルタッチマーカー塗装後にふき取る用途で使用します。

「ビニール手袋」はふき取り作業の時に指紋防止用です。


実践編

はい!準備が整ったので『ハイパー・メガライフル』「ダーッ」と塗っていきます。
リアルタッチマーカーは上下で筆の太さが違うので、今回は太い筆で塗っています。

「メラミンスポンジ」でゴシゴシ拭きとっています。
超簡単フィニッシュで簡単に作っていこうという当初の目論見が外れ、なかなかの作業量でした。

エッジ部分にマーカーの塗料が残るように意識して、ここまでふき取りました。


未塗装の別のパーツで比べるみると、このような感じになりました。
これを全部のパーツに施し、トップコートを吹いて完成です。


完成した結果

以前製作していた『RG νガンダム』です。
この機体に追加装甲を装着してみます。

はい!ということで『HWS』を装着しました。
若いころはΖガンダムや百式のようなスマートな機体が好物でしたが、最近ではゴテゴテした重武装の機体が好きになってきました。
ちなみにΖガンダムはいまでも大好きです。

ミサイルハッチもオープンします。ミサイルを塗り分けると更に格好良くなると思います。

リアルタッチマーカーの効力はどうなのかと言いますと、装甲だけリアルタッチマーカーを塗っているので、浮いてしまっているなという感想です。

もう少し、リアルタッチマーカーを拭き取った方が良かったかもしれませんね。
お手軽に汚し塗装が出来る点は良いと思います。


以上
RG νガンダム HWS拡張セットでした。
マッシブでスマートなνガンダムの印象が大きく変わる『HWS』でした。

次回は「ガンダムグシオンリベイクフルシティ」を製作予定です。
またよろしくお願いいたします。




ABOUT ME
みかん一等兵
誰でも再現できるをモットーにガンプラ製作日記を投稿していきます。 激務、製作遅め、作業スペースなし、不器用。 そんな私ですが、魂込めて初心者なりにガンプラを製作していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA