目次

    ガンプラ日記

    水星の魔女新作ガンプラがザクザクと

    はい!みなさんこんにちは!
    遂に新作ガンプラの情報がおりてきましたね!

    商品ページをよく見てみると、“実践向け”というキナ臭いワードがあります。
    水星の魔女は各社が群雄割拠の戦乱を巻き起こすのでしょうか…。

    とりわけ、デミトレーナーの実戦機?「デミバーディング」が気になります。
    絶対チュチュパイセンが搭乗するでしょ…。これ。

    新作ガンプラに胸を踊らせつつ、本日は『HG 1/144 ガンダムファラクト』をレビューしてきます。


    HG 1/144 ガンダムファラクト レビュー

    ペイル社製モビルスーツ

    HG 1/144 ガンダムファラクト はい!それでは本題の「ペイル・テクノロジーズ」が開発した『ガンダム・ファラクト』をレビューしていきます。

    現在製作が滞っている『ザクⅢ改』が完成次第、改造に挑戦したいと思っています。

    この『HG 1/144 ガンダムファラクト』ですが、ビジュアル面最高か?っていうくらい格好いいガンプラです。

    特に口元のフェイスカバーを外すとスマートば顎先が露出します。
    管理人的にはこちらのほうが好みです。

    キットの出来も素晴らしく、可動域は良好です。
    合わせ目もほとんど見当たりませんので、秀逸なデザインとなっています。

    通常のガンダムタイプとは異なりかなり細身な外見です。
    とことなく、機動戦士ガンダムOOのフラッグ系列の機体に似ていると思います。

    それではランナーレビューから投稿していきます。


    ランナーレビュー

    ランナー数は6枚+αとなっていてシンプルな構成になっています。
    説明書をじっくりと見ながら組み立てると1時間〜2時間くらいで完成です。


     


    パーツレビュー

    それでは各パーツごとに紹介していきます。
    いやぁやっぱりデザインが秀逸ですね!最高です。

    脚部です。鳥類のくちばしを想起させるような形状をしています。
    可動範囲がかなりひろいので、ポージングの幅が増えます。

    「ビークフット」とよばれる足部ユニットにはビーム砲が内蔵されています。
    ガンプラでも再現されていますね!

    胴体のバックパックには2つ穴式となっています。
    エアリアルと一緒ですね!

    特徴的な両肩部兼バックパッつくです。
    「コラキ」というガンピットを格納しています。
    電磁ビームスタンは劇場映えする武器ですね!

    腕部の可動についても良好です。
    ショルダー部分には3mm軸の穴が開口しているので、ミキシングパーツを取り付けることが出来そうです。


    HG 1/144 ガンダムファラクト まとめ

    プレイバリューが高い良キット

    それでは最後にいくつか写真を投稿していきます。
    ガンビットが搭載されているバックブースター兼バックパックもよく可動してくれるので、遊べる機体になっています。

    「ビームアルケビュース」ガンダム・ファラクト専用の携行火器です。
    GUNDフォーマットによる知覚リンクは狙撃の成功率を高めているそうです。

    ビーム・サーべルは両腕部に仕込まれています。
    ここからの抜刀ビームサーベルはエモいモーションですね。

    ターンXばりの脚部ビーム砲です。
    パーツのぽろりもなく安定しているガンプラです。

    はい!ということで『HG 1/144 ガンダムファラクト』のレビューでした。
    師走が忙しくてなかなか模活時間が取れませんが、マイペースに楽しんでいく所存です。

    それではここまでご覧いただきありがとうございました。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    シェアしていただけると励みになります!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次