パチ組み-Review

HGUC 1/144 陸戦型ジム【レビュー】

HGUC 1/144 陸戦型ジム パチ組みレビュー

コンテスト用に製作予定のガンプラです

『HGUC 1/144 陸戦型ジム』レビュー

はい!みなさんこんにちは!
プラ板の加工に苦戦中のみかん一等兵です。
いやぁ〜プラ板の加工って難しいですよね!

管理人はプラ板を正確に切り出すことにも難儀しているので、プラ板でスクラッチができるモデラーさんを凄いなぁと思っています。

  悪戦苦闘中のAGE-FX
長時間掛けて肩のファンネルを製作中

次の投稿では悪銭苦闘しながらプラ板を加工している模様を記事としてまとめていきたいと思います。

それでは本日は『HGUC 1/144 陸戦型ジム』をレビューしていきます。
このガンプラは「ネット・ガン」をはじめ、面白い武装が付属しているところが魅力的です。

『HGUC 1/144 陸戦型ジム』ネットガン

目玉武装の「ネット・ガン」です。
第08MS小隊でも活躍していましたね!

シールドギミックも凝っていて、シールドの基部の可動により前面への展開も可能です。
シールドはバイポッド展開もできるので、俗に言う「輝き撃ち」も再現できそうです。

幻の輝き撃ち、その真相【ガンダム用語】 │ 腹ぺこクマが踊りだす

キットの出来も大変良くて、よく稼働してくれたり合わせ目箇所がほとんど見当たりません。管理人はクオリティが高いガンプラと感じているのですが、ネット上では賛否両論が起きています。

『陸戦型ジム』は「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」に登場するMSです。
ガンダムシリーズではもっともミリタリー色がつよく、小説版を読破するくらい管理人も大好きな作品です。

劇中では重厚感が感じられる重心が低いようなデザインをしているのですが、
『HGUC 1/144 陸戦型ジム』では少し太腿が長くスタイリッシュな印象を受けます。

このあたり賛否両論があるようですが、実物を製作してみるとやっぱり良いものだなぁと思った次第。あくまで予定ですが、『HGUC 1/144 陸戦型ジム』をコンペ投稿用として製作する予定です。

それでは『HGUC 1/144 陸戦型ジム』を簡単にご紹介していきます。


ランナー/カラーレシピレビュー

まずはランナーから

ランナーですがHGシリーズのガンプラの標準的な量となっていて、ストレスなく組み立てることができます。

個人的には気に入ったのは、サーベル・ラックのディテールが細かいところです。
見えないところにもこだわりポイントが光ります。


カラーレシピ

本体のホワイトカラーですが、クリーム風な色合いになっています。
ライトブラウンを足すと再現できるようです。

塗料も全色を揃えたくなりますね!


HGUC 1/144 陸戦型ジム まとめ

キットの出来はとても良い

それでは最後に『HGUC 1/144 陸戦型ジム』を紹介していきます。
このキットですが合わせ目が目立たないように“段落ちモールド”になっていたり、パーツのデザインとして工夫されています。

合わせ目が生じやすい頭部パーツやショルダーアーマーもパーツ分割されていて、デザインみたいになっています。

可動も申し分ないので、キットの出来は大変良いガンプラになっています。

「ネットガン」や「ロケットランチャー」も付属しています。
このキットはウェポン・コンテナ非搭載なので、腰のラッチに搭載可能とのことです。

ビーム・サーベルも付属しているので、プレイバリューが高いと思いました。

以上、『HGUC 1/144 陸戦型ジム』のパチ組みでした。
今後「支援機」として改造する予定ですが、ヒロイックなプロポーションをしているのでワンオフ機として製作しても楽しそうだなぁと思いました。

それではご覧いただきありがとうございました。

 

ABOUT ME
みかん一等兵
ガンプラをこよなく愛する素人モデラーのみかん一等兵です。 このブログはガンプラ製作日記の投稿をメインに、ガンプラ製作レビューなどを定期的に投稿していきます。 【プロフィール】 管理人は徳島県在住の一児の父です。 基本的には人と話すことが苦手な営業マンとして、細々と仕事をしています。 【徳島県ガンプラサークル】 アワハイムエレクトロニクス(徳島ガンプラサークル)さんに参加させて頂きました!しかしながら、生来のコミュ症により幽霊部員になってしまっているのが目下の悩み。 【ガンダムについて】 ガンダム作品は全シリーズ視聴していて、宇宙世紀からアナザー作品まで楽しめるガンダムファンです。 好きなシリーズはその時々で変わるのですが、∀ガンダムが特に好きです。 学生時代は機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズ通称「エウティタ」に青春を捧げた過去があります。 当サイトはこのプロフィール欄が人気コンテンツになっていて、とても不思議に思っています。 ガンプラ製作の腕前はお世辞にも上手ではありませんが、楽しんでガンプラ製作に励んでいきます。 どうぞ、よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です