それって鞘だったの!?HG ガンダムシュバルゼッテ レビュー!

    目次

    HG 1/144 ガンダムシュバルゼッテについて

    イントロダクション

    シュバルゼッテバストアップ
    らびすけ

    ようやく組み立てることができました!HG 1/144 ガンダムシュバルゼッテをレビューしていきます。

    はい!みなさんこんにちは!夏風邪が治らないらびすけ一等兵です。
    抗生剤の点滴をキメてきたぜい。へへへ…。
    それはさておき、本日は『HG 1/144 ガンダムシュバルゼッテ』をレビューしていきます!

    シュヴァルゼッテ素立ち

    HG 1/144 ガンダムシュバルゼッテは「機動戦士ガンダム 水星の魔女」に登場するガンダムタイプのモビルスーツです。ジェターク・ヘビー・マシーナリー社が開発したダリルバルデの後継機で、プロスぺラから提供されたGUNDフォーマット技術を導入した機体です。パイロットはラウダ・ニールがです。

    よこむき

    シュヴァルゼッテは初出展されたころから、パイロット予想が加熱していたかと思います。
    管理人もそのクチで、エアリアルを降ろされたスレッタかな!いやいや、裏の主人公のグエルでしょ!と予想していました。

    現実は非情なもので、ラウダ、お前かよ!!と思った次第、突っかかってくる間の悪さを含め、落胆したものです…。

    https://g-witch.net/story/23/
    見下ろし

    あ、ガンプラの出来はとても良くて、格好いいと唸る逸品だと思います。概要は以下のとおりです。
    ガンプラ「HG 1/144 ガンダムシュバルゼッテ」は2023年7月8日に発売されたプラモデルで、A~Dの4枚のランナー、プラスチックシール、シール、組立説明書で構成されています。水星の魔女HGシリーズはパーツ数も少なく抑えられ、組みやすさも考慮された設計となっています。

    ビットシュヴァルゼッテ

    シュヴァルゼッテのガンプラの参考出展を初めてみたときは、大型の剣かーシンプルな武装だなぁと思いました。
    蓋を開けてみると、ビットステイヴのギミックが隠されていて情報の隠し方が上手いなと感心した次第です。

    それでは各パーツを紹介していきます。

    HG 1/144 ガンダムシュバルゼッテ レビュー

    スカルフェイスみたいで格好いい頭部!…けど。

    シュヴァルゼッテ上半身

    それではいつものように上半身から紹介していきます。
    シュヴァルゼッテは白とグレーとシンプルな配色がとても気に入りました。

    頭部の形状もスカルフェイスみたいに格好良いですし、モビルスーツデザインもディランザ、ダリルバルデの系譜を感じられるのも魅力的です。ただ、チョビひげっぽい口元は微妙かな−と思ったり…。

    特に胴体の曲線が安心・堅牢なジェダーク製だなぁと思います。

    あわせて読みたい
    HG 1/144 ダリルバルデ 改修型をつくります!【完成編】 【ダリルバルデ(改修型)完成!】 ダリルバルデをニコイチにして製作 今作は『HG 1/144 ダリルバルデ』を2キット使用して、“ダリルバルデ改修型”を製作してみました。...

    ショルダーアーマー中央には段落ちモールド処理がされています。
    上腕部の可動性能は水星の魔女キット由来で、とても良いです。

    脚部の紹介です。スネの部分には段落ちモールドとなっています。合わせ目ができそうな箇所には段落ちモールド!みたいな方針になっているのかなーと邪推してみたり。正直段落ちモールド処理はとても助かっています。

    管理人が敬愛するデザイナーの形部一平氏曰く、かかとの爪を倒すと接地性があがるとのことです。

    腰部とバックバックには接続穴があるので、「ガーディアン・シース」をビットステイヴとして、分離・接続することができます。

    ガンダムシュバルゼッテの特徴的な装備は大剣的な“ガーディアン・シース”と呼ばれるもので、これはビットステイヴという小型無人機を多様に運用できる装置です。ビットステイヴはシースから分離して飛行し、攻撃や防御に利用できます。また、シース自体も刃物として使えるほか、バックパックや腕部に装着することで高速移動や高次機動を可能にします。ビットステイヴはピン度めの位置を変えることで、形態変形可能です。

    ランナーと説明書レビュー

    ランナー

    ランナー構成はシンプルな4枚構成となっています。
    付属のホイルシールは2パターンの選択式です。ちなみにホイルシールはこれまでにないくらいの「厚み」があって新鮮な気持ちとなりました。

    説明書

    HG 1/144 ガンダムシュバルゼッテ まとめ

    形態変化が楽しい「ガーディアン・シース」

    ガンプラ「HG 1/144 ガンダムシュバルゼッテ」では、ガーディアン・シースを様々な形に変形させることができます。例えば、シースを分割して両手に持たせたり、バックパックに装着したり、腕部に巻きつけたりすることができます。また、ビットステイヴも分離して飛ばすことができます。

    「ガーディアン・シース」には持ちてがあるので、両腕で抱え込んで射撃することができます。

    ガーディアン・シースを分離させて、接続ピンを替えていくことで形態変化が可能です。
    管理人はアシンメトリーのこの形「ガーディアン・マリオネット」がいちばん好みです。
    なんでも、ビット本体への電力や推進剤の急速補給が行えるモードとのことです。

    「ガーディアン・ドロウ」群体遠隔操作兵器モードです。

    リボルバーみたいな腕部のデザインもとても気に入りました!
    はい!今回の投稿は以上となります。

    また次回もよろしくお願いします。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    シェアしていただけると励みになります!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次