パチ組み-Review

【改造編①】HG 1/144 イオフレーム獅電 【レビュー】

みかん一等兵
みかん一等兵
『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第2期より登場!鉄華団に配備された新型量産機「獅電」を製作していきます。Twitter/@mikanboy1009

新企画!HG 1/144 イオフレーム獅電 製作開始編

たまには量産機をしっかりとつくります

HG 1/144 イオフレーム獅電 素立ちポーズ

はい、みなさんこんにちは!
ガンプラファンのみかん一等兵です。

今日は暖かいですね!絶好のガンプラ日和かなと思います。

さて、今回から新企画として鉄華団に配備された新型量産機の「獅電」を製作していきます。

HG 1/144 イオフレーム獅電バストアップ

久しぶりにつくる量産機なので大掛かりな改造をせず、シンプルに製作していきたいと思います。

「何も無い」のが逆に良いのかなとも思うので。

それでは、今回はパチ組みレビューを行っていきます。


HG 1/144 イオフレーム獅電 各パーツについて

豊富な武装類が特徴です

それでは『HG 1/144 イオフレーム獅電』の各パーツを見ていきます。

「獅電」の上半身です。
頭部はシンプルな造形になっていますね!バイザー部分は開閉します。

個人的に胴回りのシリンダー部分が気に入ってます。
銀色に塗装することで、金属感を出せると思うので塗り分けを頑張りたいと思います。

腕部です。
腕部の可動域はそこそこですが、パーツ分けがとても細かいので塗装しやすいです。
その反面、腕部の関節部にあるパーティングラインの処理が大変でした。

脚部に関しては可動域は大変優秀ですが、脛の部分に合わせ目があります。
今回は処理が大変なので、段落ちモールドでお茶を濁す予定です。

このキットで特に気に入っているのが、豊富な武装類です。
巨大なライオットシールドが特に目を引く武装になっていて、上半身をがっつりとカバーできます。

伸縮可能なパルチザン、ライフル、ガントレットも付属しているのでプレイバリューは高めです。

カラーガイドです。
ココアブラウンとか、ワインレッドがメインカラーのようです。


HG 1/144 イオフレーム獅電 パチ組みレビュー

HG 1/144 イオフレーム獅電 ライオットシールド

それでは最後に『HG 1/144 イオフレーム獅電』をパチ組した感想を述べていきます。
『獅電』はシンプルな造形で初心者の方でも、簡単に組み立てることができるキットです。

この大型シールドである「ライオットシールド」が大変良い演出をしてくれます。
量産機の良さを引き立ててくれますし、拠点防衛や艦艇の護衛任務で能力を発揮してくれます。

腕部にはガントレットと呼称される小型のシールドを装備できます。
ライオットシールドとは違った趣きがありますね!

続いてパルチザンです。
伸縮可能な打撃武器となっています。

鉄血の世界観にマッチした武装だといえます。

パルチザンは腰部背面アタッチメントに取り付けることが出来ます。
脚部のふくらはぎ部分には合わせ目がありますね。


HG 1/144 イオフレーム獅電 まとめ

はい、『HG 1/144 イオフレーム獅電』のご紹介でした。
量産機らしさを存分に堪能できるキットかなと思います。

ちなみに今回の改造のテーマとして、グレーを基調としてロービジリティカラーに挑戦したいと思います。

ロービジリティカラーとは、灰色の濃淡で視認性を悪くしたカラーリングとのことです。

公式ページ

 

イメージ図

リアリティを感じるような‘渋い’カラーリングって格好良いなぁと思います。

さらにバックパックにはアタッチメント取り付けようの軸穴が開口してあるので、ミサイルポッドとか取り付けたいと考えています。

それでは今回の投稿は以上となります。

次回の投稿までに少しずつ改造を進めていきたいと思います。
また次回の投稿でもよろしくお願いします。

ABOUT ME
みかん一等兵
ガンプラをこよなく愛する素人モデラーのみかん一等兵です。 このブログはガンプラ製作日記の投稿をメインに、ガンプラ製作レビューなどを定期的に投稿していきます。 【プロフィール】 管理人は徳島県在住の一児の父です。 基本的には人と話すことが苦手な営業マンとして、細々と仕事をしています。 【徳島県ガンプラサークル】 アワハイムエレクトロニクス(徳島ガンプラサークル)さんに参加させて頂きました!しかしながら、生来のコミュ症により幽霊部員になってしまっているのが目下の悩み。 【ガンダムについて】 ガンダム作品は全シリーズ視聴していて、宇宙世紀からアナザー作品まで楽しめるガンダムファンです。 好きなシリーズはその時々で変わるのですが、∀ガンダムが特に好きです。 学生時代は機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズ通称「エウティタ」に青春を捧げた過去があります。 当サイトはこのプロフィール欄が人気コンテンツになっていて、とても不思議に思っています。 ガンプラ製作の腕前はお世辞にも上手ではありませんが、楽しんでガンプラ製作に励んでいきます。 どうぞ、よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です