【ガンダムベース限定】システムウェポンキット005 レビュー!

    目次

    【ガンダムベース限定】システムウェポンキット005

    プレミアムバンダイから届いた『1/144 ガンダムベース限定 システムウェポンキット005』をスタークジェガンに装備してみました。

    キミはどれを装備する?
    大人気、システムウェポンキットシリーズ!のご紹介です。

    管理人が住んでいる徳島県では当然ガンダムベースがなく、京都府のガンダムペースサテライト京都が最も近い店舗になります。家族を説得してガンダムベースに行くことが夢です。

    『1/144 ガンダムベース限定 システムウェポンキット005』シリーズは、パーツの分割が細かくディティールが凝っているのが特徴です。現在、製作中の対艦戦闘用特務隊仕様MS【スタークジェガン】専用武装として、ステムウェポン付属の「ジャイアント・ガトリングガン×1」を装備していきたいと思います。

    あわせて読みたい
    【ガンダムベース限定】システムウェポンキット003 レビュー! 【1/144 ガンダムベース限定 システムウェポンキット003】 さて今回は『HGUC 1/144 ジムスナイパーⅡ』の製作過程として、『システムウェポンキット003』を簡単にレビュ...

    システムウェポンキット005【レビュー】

    パッケージ/ランナー

    こちらがパッケージです。

    エントリーグレードモデルガンダムと同じく袋詰めのパッケージです。

    ランナー数2枚です。
    パーツを組み替えることで3種のガトリングガンに3種のシールドが再現できます。
    更にパーツの組み換えは自由度が高いので、オリジナルガトリングガンを設定することもできます。


    公式サイト

    https://www.gundam-base.net/products/details.php?detail=3717

    各システムウェポンキット レビュー

    ジャイアント・ガトリングガン×1 通常タイプ

    こちらが通常タイプのジャイアントガトリングガンです。
    サイトやジョイント部分など、細かく分割されているので塗り分けも簡単です。

    いいですね!塗装映えもしそうなクオリティです。


    ジャイアント・ガトリングガン×1 ショートバレルタイプ

    はい!こちらがショートバレルタイプのガトリングガンです。
    砲身が短くなり、アタッチメントも変更しています。

    頭身が短くなった分、取り回しもしやすくなりました。
    近接戦闘において活躍しそうな印象です。


    ジャイアント・ガトリングガン×1 バイポッド装備

    ストックが追加され、全長が一番長いジャイアント・ガトリングガンです。

    ジャイアントガトリングガンの中では一番迫力がある装備です。


    ロングシールド

    ロングタイプ

    はい!こちらが細かくパーツ分割したロングタイプのロングシールドです。
    パーツ差し替えで3形態を再現できます。


    ロングシールド クロータイプ

    ロングシールドを突き刺すことができるようになるクロータイプです。
    輝き打ちの再現にも活用できそうです。


    ロングシールド ニードルタイプ

    タチコマのような印象になるロングシールド ニードルタイプです。
    持ち方によってはアローのように活用できます。

    弓に見立てることでポージングの幅が広がります。
    ガンダムデスサイズに持たせると似合うと思います。


    システムウェポンキット005 まとめ

    以上【システムウェポンキット005】のレビューでした。

    バンダイ公式でガンプラ改造に役立つウェポンセットを用意してくれているのは嬉しいところです。

    ジャイアント ガトリングガンやロングシールドは3形態に留まらず、アタッチメントを差し替えることでオリジナル武器を製作できるところも魅力です。

    入手難易度は高く、プレミアムバンダイかガンダムベースの選択肢しかありません。
    値段が高くなってしまいますが、Amazonでも購入は可能です。

    次回はいよいよ【スタークジェガン】の製作も佳境となり、エアブラシ塗装を行っていきたいと思います。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    シェアしていただけると励みになります!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次