【ガンプラ改造】HG 1/144 ガンダムヴィダール 塗装編

当ページには広告が含まれています。
    目次

    HG 1/144 ガンダムヴィダールの塗装について

    塗装前の下準備について

    らびすけ

    HG 1/144 ガンダムヴィダールの塗装過程を公開していきます。

    さて、今回はHG 1/144 ガンダムヴィダールの改造編としてエアブラシ塗装を紹介していきます。
    まずは塗装前の準備として、合わせ目消しやエッジ出し過程を投稿していきます。

    ◆ アンテナのシャープ化 アンテナの形状格好良いです。 一部、アンテナ中央部に黒色の色分けが必要です。

    ◆ 背部エイハブリアクター リアクター部中央に赤色で塗装が必要です。
    後ハメ加工が難しいので、 段落ちモールド処理を行います。妥協大事。

    ◆ 腰部フロントアーマー 中央をカットすると、個別に可動するようになります。

    ◆ ショルダーパーツも合わせ目処理が必要です。

    ◆ ボディアーマー 側面ホワイトのカラーは黒に塗り分けます。
    ◆ 腕 こちらも段落ちモールド処理 二の腕部位はパーティングラインがありました。

    ◆ サーベルラック モナカ割りのため、合わせ目消しを行います。

    ◆ 脚部 足の甲、腿に合わせ目があります。 段落ちモールド処理

    ◆ ビームライフルの合わせ目処理後 無事に消えてくれました。

    これにていよいよ塗装の過程にうつります。
    まずはサフ吹きを試していきます。

    HG 1/144 ガンダムヴィダール エアブラシ塗装に挑戦!

    まずはサーフェイサーから

    ガンダム・ヴィダールのメインカラーは青と黒になるので、
    シンプルに塗り分けられそうです。設定がはとんでもなく格好いいですね!

    一部、塗分けが必要な箇所があります。
    ボディとバックパックの一部白色と、リアクター部の腰部フロントの赤色が該当します。

    ◆ 塗装環境
    塗装ブースの組み立てからはじまります。
    リビングモデラーの宿命でこのあたり少し、手間取ります。自分の部屋や塗装環境が欲しいです。

    ◆ メカサフ「ガンメタ」
    単一の黒色だけでなく、
    バックパックとサーベルラックを黒鋼色に塗装します。

    ◆ メカサフ「スーパーヘヴィ」
    内部フレームはこの塗料しか使っていないです。

    ◆ グレサフ 1000番
    青色をグレサフで塗装しました。
    塗装後、アンテナ中央やショルダーパーツを一部塗り分ける必要があるので、黒サフを選択すれば良かったと思いました。

    ◆ 塗装後

    以上、サーフェイサー塗装でした。
    次はいよいよ本番のエアブラシ塗装となります。

    ガンダム・ヴィダールの調色レシピを公開!

    ガンダム・ヴィダールの塗装に使用した塗料を紹介していきます。

    ◆ ショルダーパーツ、ボディなど部分塗装の手間を減らすため
    黒色に統一して塗装しました。

    ◆ 塗装後

    ◆ アンテナ
    中央部位の部分塗装のため、
    付属のシールを貼り付けています。付属のシールをマスキングとして活用してみました。

    ◆ 塗装後にシールを剥がしてみると、きちんと部分塗装が行えていました。

    ◆ 本体色の青色にアイスコバルトブルーを選択。
    下地が黒色でしたので、2度塗りしています。

    ◆ 塗装後

    最後に部分塗装を行いました。
    ◆ サーベルラックの部分塗装

    ◆ バーニア内

    写真撮影を忘れてしまいましたが、
    バーニアにはシルバー塗装しています。
    今回はヴィダール製作時に使用した塗料についてご紹介させていただきました。

    次回はスミ入れやデカール貼りを行っていきます。


    ガンダム・ヴィダール完成まであと少し

    エナメル塗料でスミ入れ

    さて前回に引き続き、HG 1/144 ガンダムヴィダール全塗装後のスミ入れ、デカール貼りを行っていきます。

    今回改めてデカールを使用してみて、
    改めてデカールの有用性を実感しました。

    単純に情報量が多くなるので、
    シンプルに格好良さがUPします!

    デカールは店舗やネットでも
    入手しにくくなっているので、店頭で見かけたら確保しても良いかも知れません。

    ◆ ライフル
    ライフルのスコープに100円のデコシールを貼りました。

    ◆ 結果

    ◆ シルバー塗装
    露出したパイプを銀色で塗装するのが好みです。
    金属感が増すので、オススメの部分塗装です。

    ◆ スミ入れ後
    設定より、青色が濃くなってしまいましたが、
    これはこれでアリかな思います。

    ◆ デカール貼り

    ◆ アップ
    青色に赤色のデカールを貼ることで
    ガンダム・ヴィダールの設定色に近くなりました。

    ◆ ツイッターの画像より

    設定では薄い青色でとても格好良いですね!

    今回のエアブラシ塗装では、
    青色が強くなってしまいましたが、
    初心者なりに真剣に製作しているので完成がとても楽しみです。

    年末でガンプラ製作時間がなかなか取れないのですが、
    コツコツ製作していきます。

    次回も引き続き、デカール貼りを実施していきます。
    今週中には完成を予定しています。

    今回はキット本来がとても恰好良かったので、
    ディテールUPもスジボリも追加していないのですが
    とうとうガンダム・ヴィダール製作日記も8日目となりました。

    デカール貼りもかなりの時間が掛かっています。
    貼っては位置がずれ、調整、やり直しの繰り返しでした。

    完成まで時間が掛かってしまったのですが、
    いよいよデカール貼りとトップコートで完成に至ります。

    ◆ デカール

    青色と黒色のコントラストが美しい機体なので、

    アクセントとして赤色のデカールを全身に貼りました

    メカデザイナーの形部一平氏の設定画に近づけたのと、

    情報量も増えとても満足した仕上がりになりました。

    次回はいよいよ完成となります。

    本来であればトップコートで塗装して完成ですが、
    塗装ブースの出し入れが大変負担となります。

    そのため次回作、サフ吹き塗装をするまで一旦保管しておきたいと思います。

    それでは功をご期待。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    シェアしていただけると励みになります!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次