ガンプラ製作日記

【ガンプラ製作日記】HG ガンダム・ヴィダール 【開封編】

ガンダムヴィダール劇中シーン2

HG ガンダム・ヴィダール製作開始

劇中のガンダムヴィダール
最近、ガンダムファンクラブのコンテンツにて鉄血のオルフェンズを見返しており、
鉄血の熱が再燃したので今回製作する運びとなりました。

ガンダム・ヴィダールを選定した理由は1つです。

2丁拳銃カッコイイ!
黒と青のコントラストが美しい!!
擬似阿頼耶識システム、アインの脚技に魅せられた!

という上記の理由から選定しました。
いやもう、凄く格好良い機体ですよね。

ムーンガンダムやGレコの時も思いましたが、
メカデザイナーの刑部一平さんの機体がドストライクです。

ガンダム・ヴィダールの概要
・ヴィダールはガンダムフレーム
キマリストルーパーを偽装した機体。
・ガンダムフレームを用いた機体の中で唯一、
ソロモン72柱の悪魔に冠した名前が付けられていません。
・名前の由来は北欧神話の「ヴィーザル」のようです。
ラグナロクにおいてはオーディンを飲み込む『フェンリル』を倒す活躍を見せたとのことです。

フェンリル=狼なので、
ガンダムバルバトス・ルプスレクスとは対比関係となります。
・擬似阿頼耶識システムが搭載されており、
最大の特徴としてバックパックには3基目のエイハブ・リアクターが追加搭載されています。

劇中でも機動性、運動性を駆使しながら脚技による格闘戦で
バルバトスと激戦を繰り広げていましたね。

ガンダムヴィダール劇中シーン2

鉄血のオルフェンズ公式サイトから引用
公式ページ

それでは本題のガンダム・ヴィダールの製作過程をご紹介します。


箱をオープンすると、ガンダムヴィダールランナーの包装が2袋、
主要ランナー2枚のパーツ構成となっています。

前回製作したRGνガンダムは全部で5袋分のランナーでした。
主要ランナー12枚と比べたら、手軽に組めそうです!

今回はここまでです。
次回素組をご紹介予定です。

またよろしくお願いいたします。




ABOUT ME
みかん一等兵
誰でも再現できるをモットーにガンプラ製作日記を投稿していきます。 激務、製作遅め、作業スペースなし、不器用。 そんな私ですが、魂込めて初心者なりにガンプラを製作していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA