HGUC 1ザクIII改

HGUC 1/144 AMX-001ザクIII改【レビュー】

HGUC 1/144 AMX-001ザクIII改

メディア化に恵まれた機体

HGUC 1/144 AMX-001ザクIII改【レビュー】はい!みなさんこんにちは!
みかん一等兵です。メリークリスマス!
ということで、クリスマスにちなんだカラーリングのモビルスーツ『HGUC 1/144 AMX-001ザクIII改』をレビューしていきます。

「「ハマーン様!バンザーイ」」

と鮮烈に散華したマシュマー・セロの乗機です。

機動戦士ガンダムVSシリーズやバトオペシリーズでも登場しているので、認知度はそこそこ高いザクかと思います。

バトオペ2】ザクⅢ改は強い?弱い?ザクⅢ改について思う事 | バトオペ2しまうま

さて、本日はザクシリーズの中でも屈指の強機体『HGUC 1/144 AMX-001ザクIII改』をレビューしていきます。


HGUC 1/144 AMX-001ザクIII改 レビュー

パーツレビュー

それでは各パーツをレビューしていきます。
このガンプラは1999年に発売されたガンプラで、なんとHGUCシリーズではNo.3という歴史あるキットになっています。

パーツの構成もシンプルになっているので、組み立て自体はサクッと完了です。

このガンプラを組み立ててみると、そのサイズ感に驚きます。
画像では伝わりにくいのですが、滅茶苦茶大きいです。

ちなみにそこかしこに合わせ目がありますが、逆に合わせ目がないと物足りなさを感じるレベルのキットです。

脚部のかかと部分は開閉するギミックがあります。

下半身です。
なかなかがっしりしている機体です。

この機体で一番惚れているパーツはバックスカートです。
ダイナミックで印象深い後ろ姿となっています。

上半身です。頭部のデザインが秀逸ですね!イケメンなザクです。

腕部です。ショルダーアーマー中央には合わせ目があります。
この機体は難しいことを考えずに、そのまま接着すれば合わせ目処理を行えます。


カラーガイド

フロントスカートには「ビーム砲」が配備されています。
HGUC初期のガンプラにしては、いろいろなギミックがあるので楽しいガンプラです。


HGUC 1/144 AMX-001ザクIII改 まとめ

このキットはミキシングで遊びます

それでは最後にいくつか完成品の紹介していきます。
関節の可動とかは年代もののガンプラを感じさせてくれますが、そこそこポージングも楽しめます。

ちなみにショルダーアーマ裏には、ハンドグレネードが格納されています。

足回りが特に大きいのでマッシブな印象があります。

ビームサーベルは緑1色になっています。
頭部まわりのデザインが格好いいですね!


おまけ

今回は機体サイズがそっくりな『ディランザ』とミキシングしてみました。
塗装するとそれなりにマッチしてくれると信じたいところです。

はい!ということで本日のレビューは以上となります。
よければYoutubeの動画もご覧ください。

よろしくお願いします。

 

 

 

ABOUT ME
みかん一等兵
ガンプラをこよなく愛する素人モデラーのみかん一等兵です。 このブログはガンプラ製作日記の投稿をメインに、ガンプラ製作レビューなどを定期的に投稿していきます。 【プロフィール】 管理人は徳島県在住の一児の父です。 基本的には人と話すことが苦手な営業マンとして、細々と仕事をしています。 【徳島県ガンプラサークル】 アワハイムエレクトロニクス(徳島ガンプラサークル)さんに参加させて頂きました!しかしながら、生来のコミュ症により幽霊部員になってしまっているのが目下の悩み。 【ガンダムについて】 ガンダム作品は全シリーズ視聴していて、宇宙世紀からアナザー作品まで楽しめるガンダムファンです。 好きなシリーズはその時々で変わるのですが、∀ガンダムが特に好きです。 学生時代は機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズ通称「エウティタ」に青春を捧げた過去があります。 当サイトはこのプロフィール欄が人気コンテンツになっていて、とても不思議に思っています。 ガンプラ製作の腕前はお世辞にも上手ではありませんが、楽しんでガンプラ製作に励んでいきます。 どうぞ、よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です