HGUC ゼータガンダム

【製作日記】HG ゼータガンダム【ミキシング編③】

HG ゼータガンダム改造編③

RGZガンダムとのミキシング

HGUC 1/144 ゼータガンダムレビューはい!みなさんこんにちは!みかん一等兵です。
今回は『HGUC 1/144 ゼータガンダム』の改造編その③を投稿していきます。

ちょうど昨日にサフチェックを行ったので、いよいよ塗装する段になってきました。
本機はスプリッター迷彩に久しぶりに挑戦しようかなと思うので、またスプリッター迷彩の塗装過程を投稿したいと思います。

初スプリッター迷彩に挑戦した「ガンダム・グシオンリベイクフルシティ」です。なかなか塗装が大変だった記憶があります…。

それでは本日は「RGZガンダム」のフライングアーマー(バックパック)とのミキシングや、シールドや武装のディティールアップを紹介していきます。 https://gunplakishidan.com/zgundam-1/ https://gunplakishidan.com/zgundam-2/


フライングアーマーをミキシング!

それでは今回のメインテーマであるRGZガンダムとのミキシングに挑戦です。具体的には「フライングアーマー」をRGZガンダムのものに変更したいと思います。

画像の左側がHGZガンダムのフライングアーマーです。右側のRGZガンダムの方がパーツ分割が細かく、ディールが際立っているので活用したいと思います。

しかしながら接続軸の角度や“高さ”が異なっているので、のままポン付けすると違和感が出てしまいます。

そこで今回はフライングアーマーの取り付け軸側を加工することにしました。
工作方法はシンプルです。接続軸の下側をピンバイスで開口して、下から接続軸を取り付けられるようにしました。

ピンバイスで簡単工作です。RGZガンダムのフライングアーマーは接続軸が下側にあるので、下から接続することでフライングアーマーの高さを調整します。 

通常は上から接続するのですが、下側に取り付けました。これでフライングアーマーの高さを調整できます。あとは接続軸をRGZガンダムのフライングアーマー側に接着することで完成です。

RGフライングアーマーにある出っ張りの横にHGZガンダムの接続軸を接着しました。この位置がちょうど良く、ウイング部分の可動に干渉しないポジショニングです。


ウェポン類のあれこれ

シールドの大型化について

本機は「強化型Zガンダム」というMSを目指しているので、シールドを大型化してみました。このシールド部分にあたるのは『HG1/144 ガンダムAGE-3 オービタル』の「シグマシスロングキャノン」です。

この「シグマシスロングキャノン」ともともとのHGZガンダムのシールド部分のかみ合わせがよく、ほぼ無加工で改造できました。

「シグマシスロングキャノン」の基底部にZガンダムのシールドかすっぽりとハマります。

あとはシールドの接続軸穴を流用して、接着剤を固定することで完成です。

ここからプラ板やスジ彫りを入れて完成です。シールドを大型化することで、見た目のインパクトが大きくなれば良いなと思っています。

もともとのシールドと比べると、機首の部分が長大化していますね!
ちなみに変形機構はオミットする方向で考えています笑


ハイパーメガ・ランチャー

ハイパー・メガ・ランチャーにも手を加えています。
RGZガンダムのサイドスカートや、シールドミサイルをミキシングしてみました。

その他、余剰パーツでディティールアップしていきます。

はい!ということで今回の投稿は以上となります。
製作することに夢中になるあまり、写真を撮り忘れることも多いのでわかりにくい部分があったかと思います。

その点についてはご了承ください。それではまた次回もよろしくお願いします。
たぶん、塗装編を投稿予定です。

ABOUT ME
みかん一等兵
ガンプラをこよなく愛する素人モデラーのみかん一等兵です。 このブログはガンプラ製作日記の投稿をメインに、ガンプラ製作レビューなどを定期的に投稿していきます。 【プロフィール】 管理人は徳島県在住の一児の父です。 基本的には人と話すことが苦手な営業マンとして、細々と仕事をしています。 【徳島県ガンプラサークル】 アワハイムエレクトロニクス(徳島ガンプラサークル)さんに参加させて頂きました!しかしながら、生来のコミュ症により幽霊部員になってしまっているのが目下の悩み。 【ガンダムについて】 ガンダム作品は全シリーズ視聴していて、宇宙世紀からアナザー作品まで楽しめるガンダムファンです。 好きなシリーズはその時々で変わるのですが、∀ガンダムが特に好きです。 学生時代は機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズ通称「エウティタ」に青春を捧げた過去があります。 当サイトはこのプロフィール欄が人気コンテンツになっていて、とても不思議に思っています。 ガンプラ製作の腕前はお世辞にも上手ではありませんが、楽しんでガンプラ製作に励んでいきます。 どうぞ、よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です