HG 1/144 デミバーディング レビュー!

当ページには広告が含まれています。
    目次

    HG 1/144 デミバーディングについて

    イントロダクション

    HG 1/144 デミバーディングレビュー
    らびすけ

    妙な可愛らしさを感じるガンプラ、
    『HG 1/144 デミバーディング』をレビューします!

    みなさんこんにちは!らびすけ一等兵です。
    新作ガンプラが発売されると、年甲斐もなく胸が踊りますね!DMMで滑り込み予約できたので無事に購入できました!
    『HG 1/144 デミバーディング』はギミックが楽しいので、人気が出そうなガンプラだと思います!

    デミバーディングライフル持ち

    デミバーディングは、「水星の魔女」第20話「望みの果て」に登場したモビルスーツです。パイロットは地球寮のチュアチュリー・パンランチ。ブリオン社製の試作機で、特徴的な大型バックパックを装備しています。これは劇中再現でライフルを鈍器として扱っています。

    デミトレーナーと比較すると精悍なスタイルとなっていて、なんだか強そうです。

    デミバーディング付属品

    武装はビームライフルとビームサーベルが付属します。ビームライフルは補助グリップを可動させることで両手持ちで装備できます。ビームサーベルは脚部のスラスターに格納できます。また、バックパックのビーム砲は前方に展開することで発射姿勢になります。

    デミバーディング狙撃ポーズ

    脚部の可動性能は優秀で、狙撃膝立ちポーズも行えます。

    あわせて読みたい
    【ガンプラ製作日記】HG 1/144 デミトレーナー【レビュー】 【】 拡張パーツセットも紹介します はい!みなさんこんにちは!年末モードのらびすけ一等兵です。今年は義実家でガンプラ年越しの予定です! さて、今回は水星の魔女に...

    デミバーディングの真骨頂!「バオリパック」

    デミバーディングのバックパック

    デミバーディングの真骨頂といえば、バックパックのギミックでしょう。
    有線ケーブルは付属していないのですが、別売りの「カスタマイズマテリアル(パイプパーツ/マルチジョイント)」を使用すると、臨場感あふれるバオリパック単独運用を再現できます。

    R2-D2みたいで、可愛らしいギミックですね!劇中の活躍も機体できそうです。
    それでは簡単に『HG 1/144 デミバーディング』をレビューしていきます。

    HG 1/144 デミバーディング レビュー

    各パーツの紹介

    それでは恒例ですが、ざっくりと各パーツを紹介していきます。
    上半身ですが、堅牢そうな見た目をしていて、どこかミリタリーチックな印象を受けます。
    白い外装パーツも乳白色カラーとなっています。

    ショルダー周りの造形が特に気に入ってます。
    エース機としてミキシング素材にも活用できそうなデザインとなっています。

    設定上では手甲にフィストバルカンが配備されています。牽制用補助バルカンです。

    前述の通り、脚部の可動性は眼を見張るものがあります。
    合わせ目が生じそうなところには、段落ちモールド処理されていました。

    バックパックは流行の3mmジョイント2つ穴となっていて、他のキットのバックパックを簡単に流用できそうです。

    最後にバックパックを紹介していきます。
    2門のビームキャノンを装備しているので、肩越しや脇の下など様々な射撃姿勢に対応してくれます。

    HG 1/144 デミバーディング射撃ポーズポーズ

    説明書/ランナーレビュー

    説明書
    ランナー

    HG 1/144 デミバーディング まとめ

    マルチツールシステム“デダラス”とは

    HG 1/144 デミバーディングは、『水星の魔女』の新しいMSを忠実に再現したガンプラです。デザインや色分けは美しく、可動や武装も豊富です。バックパックのビーム砲の展開ギミックや分離機能が楽しいガンプラでした。

    それでは、『HG 1/144 デミバーディング』のレビューでした。ランナーのパーツ配置が親切で、初心者の方でも組み立てやすいと思います。また次回もよろしくお願いします。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    シェアしていただけると励みになります!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次