HG フルアーマー・ガンダム (サンダーボルト版) レビュー!

    目次

    HG 1/144 フルアーマー・ガンダム(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)について

    アニメ版をイメージした成型色&シールが付属したVer

    らびすけ

    管理人の大好きなシリーズである「機動戦士ガンダムサンダーボルト」のフルアーマーガンダムをレビューしていきます!ちなみに管理人もJAZZが好き。

    はい!みなさんこんにちは!
    今回か『HG 1/144 フルアーマー・ガンダム(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)』をレビューしていきます。
    シールド4枚、武装満載のランドセルが特徴的なガンダムです。ポージングして飾るとかなりのインパクトがあります!

    HG 1/144 フルアーマー・ガンダム(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)レビュー

    バックパックを外してみてみると、無骨でマッシブな印象があります。
    “ランドセルを背負った状態の格好良さ”は筆舌に尽くしがたいものがありますが、ディティールが最小限となっているので素体はシンプルなデザインとなっています。

    今回はアニメ版をイメージしているということで、アニメの設定にあわせ、成形色とホイルシールのカラーリングされているとのことです。

    それではHG 1/144 フルアーマー・ガンダム(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)をレビューしていきます。


    HG 1/144 フルアーマー・ガンダム(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.) レビュー!

    本機の見どころ「ランドセル」・「武装」を紹介します!

    フルアーマーガンダムサンダーボルトガンプラ

    それではフルアーマーガンダムについてレビューしていきます。
    ランドセル右上部の大型ビーム砲や、2連装ビーム・ライフルなど、暗証区域を貫くほどの威力があるビーム兵器が格好いい本機。

    ミキシング素材にも使いたくなるようなデザインなので、改造したくなる魔力があります。

    大型ビーム砲の接続軸です。
    接続軸をプラモデル用ノコで切断して接着することで、他キットにも流用しやすそうです。

    HG 1/144 フルアーマー・ガンダム(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)ランドセル

    こちらが武装てんこ盛りの「ランドセル」です。
    このランドセルには「ミサイルポッド」、差し替え式となるサブアーム、エネルギーパック、ロケットブースターが搭載されています。

    接続軸は水星のキットと比べると「3mm」ジョイントの接続軸がないタイプです。
    接続軸自体はフルアーマーガンダムの背面についています。
    ランナーを接続軸代わりにしてランドセルの軸穴に埋め込むことで、ミキシングに対応できるかもしれません。

    漫画ではビッグ・ガンを装備したダリル曹長のザクⅠとの戦闘時、パイロットのイオ・フレミング少尉が意表を突くためにランドセルを分離・囮にするシーンがあるのですが、思い切りのよさが伺えるシーンですね。

    http://gundam-tb.net/story/first.html


    サブ・アームはランドセルの前部に取り付けるのですが、シールド保持用に活用します。
    ポージングするときにはシールドが邪魔になるときがあるので、エネルギーパックに変更することができます。

    腕部用装備として、「ロケットランチャー」、「2連装ビームライフル」を配備されています。
    どちらもデブリ帯かつ暗礁宙域に対応するためにシールドを装備可能です。


    各パーツ/可動域の紹介

    サンダーボルト版のフルアーマーガンダムの特徴として、頭部のトサカ部分にアンテナロッドが増設されています。
    最近管理人のはやりである“肩甲骨のボリューム”ですが、標準装備として搭載されています。

    ちなみにこちらが肩甲骨用にパーツを増設した「ゴーストガンダム」です。

    あわせて読みたい
    HG 1/144 ゴーストガンダム完成レビュー【完結編】 【】 ファントムガンダムの改修機! はい!みなさんこんにちは!みかん一等兵です。本日は遂に完成!ということで、「機動戦士ガンダムクロスボーンガンダム ゴースト」...

    フルアーマーガンダムですが、ショルダーアーマーや脚部などスラスター・アポジモーターがたくさん配備されています。
    重武装化の弊害である機動性の低下を防ぐためと思われます。

    腕部・脚部の可動域は最新キットと比べるとそこそこといった感じです。
    しかしながらポージングが窮屈になるといったことはないので、十分優秀といえます。

    らびすけ

    膝立ちポージングもなんのその。
    各関節のシーリングが特徴的ですね!


    HG 1/144 フルアーマー・ガンダム(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.) まとめ

    ジャズが聞こえたら、俺が来た合図だ!

    それでは最後に『HG 1/144 フルアーマー・ガンダム(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)パチ組み写真を投稿していきます。
    重武装でポージングして飾るとインパクトが強く、目が惹かれるキットになっています。

    プレイバリューが楽しめるガンダムなので、サンダーボルトが好きなファンの方にもおすすめしたいガンプラでした。
    今現在もブログ全体を修正しているので、作業スピートが遅いのですが次回の更新もよろしくお願いします。

    ランナー/説明書

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    シェアしていただけると励みになります!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次