ガンプラ製作日記

【ガンプラ】HG ガンダムアスタロト オリジン【開封レビュー】

HG ガンダムアスタロトオリジン 製作開始

3月9日はザクの日みたいですよ。

さて今回から『HG 1/144 ガンダムアスタロトオリジン』の製作を開始いたしました。
登場作品は公式外伝「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ月鋼」登場のガンダム・フレーム機体です。

前回製作した『ガンダムシュバルツリッター』に引き続き、漫画が原作のガンプラを製作していきます。

【ガンプラ】HGBF ガンダムシュバルツリッター【素組みレビュー】HGBF 1/144 ガンダムシュバルツリッターを素組レビュー。機体から溢れ出るラスボス感。ドイツ語の響きが心をくすぐる魅力的なガンプラです。...

…なんでしょう。最近、ガンダムの漫画を読むことにハマっている気がしてきました。

今キットの『HG 1/144 ガンダムアスタロトオリジン』ですが、店売りで偶然見かけ、確保したまま積んでいた次第です。Amazonでは価格が高騰しているので、店売りしていたら確保されるのも一興かと思います。


製作プランを考える

現在、絶賛積みプラ製作強化期間なので『ガンダムアスタロトオリジン』もリアルタッチマーカーを用いて「簡単フィニッシュ」で製作予定でした。

リアルタッチマーカーを全体に塗装し、メラミンスポンジで拭き取るとグラデーション塗装が手軽にできるそうです。

しかしながら『ガンダムアスタロトオリジン』を組み立てていくと、この機体がどんどん好きになってきました。

つまり、超良キットです。
なので今回は製作予定を変更するまでに至った、良キットのガンプラを全塗装にて製作していきます。更に少し手を加えていきたいと思います。
いろいろと道具を買ってそろえました。


HG ガンダムアスタロトオリジンとは

公式ページ

アスタロトオリジンは300年前の厄祭戦末期に運用された『ガンダム・アスタロト』本来の姿であり、カラーリングは赤系です。
あの『ガンダム・バルバトス』も本来の姿は第4形態が近いようです。

素組みした感想は無骨で骨太、戦国武者を連想させるようなガンダムです。


開封レビュー

箱絵です。バックパックには取り付け用の穴があるため拡張性が高く、ガンダムフレームは共通なので組み立てやすかったです。


主要ランナー4枚+αでシンプルに製作できます。
ガンダムフレームも鉄血のオルフェンズシリーズと共有なものもあるので、シンプルに組み立てられそうです。


はい!いきなり素組み完成です。
特徴的な武装や可動式のウイング等、プレイバリューが高いキットです。
ショルダー部分に一部合わせ目がありますが、可動域が良好でやパーツのポロリがないので良キット間違いなし!です。


以上

次回は各パーツを少しずつ手を加えていきたいと思います。
その過程も投稿して参りますので、次回もまたよろしくお願いします。





ABOUT ME
みかん一等兵
誰でも再現できるをモットーにガンプラ製作日記を投稿していきます。 激務、製作遅め、作業スペースなし、不器用。 そんな私ですが、魂込めて初心者なりにガンプラを製作していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA