撮影ボックス

DIME雑誌付録「コンパクト撮影ブース」ガンプラ撮影レビュー

「コンパクト撮影ブース」ガンプラ撮影レビュー

12月16日発売、特別付録「コンパクト撮影ボックス」を紹介

撮影ボックス▲ 撮影ブースを使用してみました。
雑誌付録とは思えないくらい、想像よりキレイに撮れています。


DIME最新号のレビュー

書店を2軒巡り、DIME最新号をようやくGETしました。
SNS上で話題になっており「メルカリ」、
「通販サイト」の写真撮影に大活躍するとのことです。

そこで、ガンプラ撮影用として雑誌付録の撮影ブースを
使用できないかと考え実際に試してみました。

https://gunplakishidan.com/7988837-2/

▲DIME最新号▲撮影ボックス

撮影ブース内容物
・撮影ボックス本体
・背景シート(白、黒)
・USBケーブル


撮影のコツDIME公式サイトより抜粋
https://dime.jp/genre/1041353/

実際にガンプラを撮影している風景を紹介

▲ USBケーブルは上部に差し込みます。
尚、充電ソケットは付属していませんでした。

▲ HGガンダム・ヴィダール
1/144サイズであれば、十分撮影可能です。

▲ コアガンダムⅡ


撮影ブースを用いた写真

それでは実際に撮影ブースを用いた写真をご紹介していきます。
コアガンダムⅡ▲ 撮影ブースを使用

▲ アクションポーズ
全体を映すようなアクションポーズの図。
横に広がってしまうと撮影ブースの隅も映ってしまいます。
▲ 同じポーズ
同じ構図で出来るだけアップにして撮影してみました。
工夫次第では、撮影ブースの隅が映ることなく撮影できそうです。

▲ 黒い背景シート


撮影ブースのまとめ

今回はDIME雑誌の付録として撮影ブースが付属していたので、
レビューさせて頂きました。

雑誌の付録ですがSNS写真用や、物販、ガンプラと大活躍してくれそうです。

・撮影ブースがコンパクト
・被写体がはっきりと映える!
・HGサイズのガンプラ撮影◎

・ライトのオンオフができない
・USBソケットが付属していない
・アクションポーズ撮影が難しい

以上
今回は雑誌付録のガンプラ撮影ブースをレビューしました。

撮影ブースを使用することでワンランク上の写真が撮れます。

是非ガンプラ製作後、SNSで写真をアップロードするときにお試しください。


https://amzn.to/34NLsMe



ABOUT ME
みかん一等兵
ガンプラをこよなく愛する素人モデラーのみかん一等兵です。 このブログはガンプラ製作日記の投稿をメインに、ガンプラ製作レビューなどを定期的に投稿していきます。 【プロフィール】 管理人は徳島県在住の一児の父です。 基本的には人と話すことが苦手な営業マンとして、細々と仕事をしています。 【徳島県ガンプラサークル】 アワハイムエレクトロニクス(徳島ガンプラサークル)さんに参加させて頂きました!しかしながら、生来のコミュ症により幽霊部員になってしまっているのが目下の悩み。 【ガンダムについて】 ガンダム作品は全シリーズ視聴していて、宇宙世紀からアナザー作品まで楽しめるガンダムファンです。 好きなシリーズはその時々で変わるのですが、∀ガンダムが特に好きです。 学生時代は機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズ通称「エウティタ」に青春を捧げた過去があります。 当サイトはこのプロフィール欄が人気コンテンツになっていて、とても不思議に思っています。 ガンプラ製作の腕前はお世辞にも上手ではありませんが、楽しんでガンプラ製作に励んでいきます。 どうぞ、よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です