鉄血のオルフェンズ シリーズ

【製作日記】HG ガンダムバルバトスルプス【胴体改修編④】

HG 1/144 ガンダムバルバトスルプス  改造編④

胸部装甲をプラ板でごちゃごちゃする話

バルバトス鋭意制作中

はい!みなさんこんにちは!
ぼちぼち『ガンダムバルバトスルプス』の製作も佳境に入ってきたみかん一等兵です。
今週から塗装を行えそうです。

長距離ブースター&クタン参型がボリューミーなので、塗装するのに時間が掛かりそうだなぁと震えています。

さて、それでは『ガンダムバルバトスルプス』の改造過程を投稿していきます。今回で第4回目の更新です。今回は「胸部−胴体」の改修に挑戦です。

 
【合わせ目処理】HG ガンダムバルバトスルプス【後ハメ加工編②】今回は『HG 1/144 ガンダムバルバトスルプス』の後ハメ加工と合わせ目処理を中心に投稿していきます。...
【製作日記】HG ガンダムバルバトスルプス【頭部形状変更③】今回は『HG 1/144 ガンダムバルバトスルプス』の製作日記第3回目の更新です。頭部の改修過程をメインに投稿していきます。...
 

HG 1/144 ガンダムバルバトスルプス  胴体の改修

シリンダーを簡単に自作してみた!

それではさっそく胴体部分の改修過程を投稿していきます。
「鉄血のオルフェンズシリーズ」のガンプラは設定的にもガンダムフレームが共通しているので、他キットも同じように改修できます。

胴体のこの部分をニッパーでおもむろにカットしていきます。
ズバッといっちゃいましょう!

カットした箇所に穴が開口していたので、真鍮線を接着して固定していきます。
あとはプラ棒やランナー、ディテールアップパーツを使うことで、オリジナルシリンダーが製作できます。

今回は丸プラ棒でシリンダーを製作してみました。
製作についてはさほどカロリーが掛からず、オリジナルシリンダーの完成です。


ついでに「テイルブレード」もつくります!

ついでに「テイルブレード」も一緒に製作していきます。
バルバタウロスの尻尾用パーツの接続軸を思い切って接着しています。

割愛していますが、ピンバイスを胸部と腰部に開けておきリード線を接続できるよう加工しています。

幸いなことに、30MM シリーズの「オプションセット3」についてくる槍先が無加工で取り付けることができたので、コレを採用しました。

誰がなんと言おうと立派な「テイルブレード」ですね!
いい感じでーす。

 


胸部装甲のディテールアップ

完成まであと一歩

それでは最後に胸部装甲のディテールアップを施していきます。
胸部の先端部の「エッジ」がパリッとしているのが好みだったので、プラ板でチャレンジしてみました。

バルバトス鋭意制作中

プラ板を貼り合わせただけで、パリッとした胸部装甲になったかと思います!
チャレンジしてみると、胸部の長さの採寸が少し大変なくらいでした。

印象が大きく変わりますね!

プラ板の加工では採寸がとても大切だという話ですが、管理人はマスキングテープで型取りするのでざっくりとした採寸をしています。

マスキングで型取りしたテープをプラ板の上に貼り付けています。
あとはデザインナイフなどで、プラ板を切り出していきます。

こんな感じでプラ板貼りたいなーという箇所にプラ板を接着していきます。
1枚テンプレートができれば、裏返すことで左右対称にプラ板を切り出すこともできますね!

だいたいこんな感じになりました。
ここから更に「HGディテールパンチ」で切り出したプラ板で装飾を行っていきます。

はい!こんな感じで仕上げてみました。
今後ますます「HGディテールパンチ」に依存していきそうな予感がします!

はい!ということで、今回の投稿は以上となります。
次回は塗装編を投稿予定です。

今後ともよろしくどーぞ。

 

ABOUT ME
みかん一等兵
ガンプラをこよなく愛する素人モデラーのみかん一等兵です。 このブログはガンプラ製作日記の投稿をメインに、ガンプラ製作レビューなどを定期的に投稿していきます。 【プロフィール】 管理人は徳島県在住の一児の父です。 基本的には人と話すことが苦手な営業マンとして、細々と仕事をしています。 【徳島県ガンプラサークル】 アワハイムエレクトロニクス(徳島ガンプラサークル)さんに参加させて頂きました!しかしながら、生来のコミュ症により幽霊部員になってしまっているのが目下の悩み。 【ガンダムについて】 ガンダム作品は全シリーズ視聴していて、宇宙世紀からアナザー作品まで楽しめるガンダムファンです。 好きなシリーズはその時々で変わるのですが、∀ガンダムが特に好きです。 学生時代は機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズ通称「エウティタ」に青春を捧げた過去があります。 当サイトはこのプロフィール欄が人気コンテンツになっていて、とても不思議に思っています。 ガンプラ製作の腕前はお世辞にも上手ではありませんが、楽しんでガンプラ製作に励んでいきます。 どうぞ、よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です