目次

    HG 1/144 ガンダムバルバトスルプス  改造編④

    胸部装甲をプラ板でごちゃごちゃする話

    バルバトス鋭意制作中

    はい!みなさんこんにちは!
    ぼちぼち『ガンダムバルバトスルプス』の製作も佳境に入ってきたらびすけ一等兵です。
    今週から塗装を行えそうです。

    長距離ブースター&クタン参型がボリューミーなので、塗装するのに時間が掛かりそうだなぁと震えています。

    さて、それでは『ガンダムバルバトスルプス』の改造過程を投稿していきます。今回で第4回目の更新です。今回は「胸部−胴体」の改修に挑戦です。

    あわせて読みたい
    【合わせ目処理】HG ガンダムバルバトスルプス【後ハメ加工編②】 【】 両腕部の合わせ目が気になります さて、前回に引き続き『ガンダムバルバトスルプス』の改造過程を投稿していきます。今回は「合わせ目処理及び、後ハメ加工」につ...
    あわせて読みたい
    【改造】HG ガンダムバルバトスルプス【頭部形状変更③】 【】 ガンプラ製作日記 はい!みなさんこんにちは!最近はあまり模活時間が取れていないみかん一等兵です。そういえば、一番くじの「ガンプラ2022」も販売されています...
     

    HG 1/144 ガンダムバルバトスルプス  胴体の改修

    シリンダーを簡単に自作してみた!

    それではさっそく胴体部分の改修過程を投稿していきます。
    「鉄血のオルフェンズシリーズ」のガンプラは設定的にもガンダムフレームが共通しているので、
    他キットも同じように改修できます。

    胴体のこの部分をニッパーでおもむろにカットしていきます。
    ズバッといっちゃいましょう!

    カットした箇所に穴が開口していたので、真鍮線を接着して固定していきます。
    あとはプラ棒やランナー、ディテールアップパーツを使うことで、オリジナルシリンダーが製作できます。

    今回は丸プラ棒でシリンダーを製作してみました。
    製作についてはさほどカロリーが掛からず、オリジナルシリンダーの完成です。


    ついでに「テイルブレード」もつくります!

    ついでに「テイルブレード」も一緒に製作していきます。
    バルバタウロスの尻尾用パーツの接続軸を思い切って接着しています。

    割愛していますが、ピンバイスを胸部と腰部に開けておきリード線を接続できるよう加工しています。

    幸いなことに、30MM シリーズの「オプションセット3」についてくる槍先が無加工で取り付けることができたので、コレを採用しました。

    誰がなんと言おうと立派な「テイルブレード」ですね!
    いい感じでーす。


    胸部装甲のディテールアップ

    完成まであと一歩

    それでは最後に胸部装甲のディテールアップを施していきます。
    胸部の先端部の「エッジ」がパリッとしているのが好みだったので、プラ板でチャレンジしてみました。

    バルバトス鋭意制作中

    プラ板を貼り合わせただけで、パリッとした胸部装甲になったかと思います!
    チャレンジしてみると、胸部の長さの採寸が少し大変なくらいでした。

    印象が大きく変わりますね!

    プラ板の加工では採寸がとても大切だという話ですが、管理人はマスキングテープで型取りするのでざっくりとした採寸をしています。

    マスキングで型取りしたテープをプラ板の上に貼り付けています。
    あとはデザインナイフなどで、プラ板を切り出していきます。

    こんな感じでプラ板貼りたいなーという箇所にプラ板を接着していきます。
    1枚テンプレートができれば、裏返すことで左右対称にプラ板を切り出すこともできますね!

    だいたいこんな感じになりました。
    ここから更に「HGディテールパンチ」で切り出したプラ板で装飾を行っていきます。

    はい!こんな感じで仕上げてみました。
    今後ますます「HGディテールパンチ」に依存していきそうな予感がします!

    はい!ということで、今回の投稿は以上となります。
    次回は塗装編を投稿予定です。

    今後ともよろしくどーぞ。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    シェアしていただけると励みになります!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次