目次

    HG ガンダム・グシオンリベイクフルシティ 完成!

    はい!『HG ガンダム・グシオンリベイクフルシティ』遂に完成しました。
    今作はご覧のように『スプリッター迷彩塗装』に初挑戦!!と意欲的な作品です。

    その他にも胴体とアンテナの延長加工にも挑戦しているので、製作していて学びが多いガンプラ製作でした。

    完成までの過程も日記形式で投稿しているので、よかったらご参照ください。

    あわせて読みたい
    【ガンプラ改造】はじめての胴体延長加工に挑戦! 【HG 1/144 ガンダムグシオン リベイクフルシティを例に製作!】 はじめての胴体延長工作に挑戦!という記事です。クオリティについてはご愛顧ということで…。 いわゆる...
    あわせて読みたい
    【ガンプラ改造】はじめてのスプリッター迷彩塗装に挑戦! 【】 スプリッター迷彩塗装について スプリッター迷彩塗装参考例 https://hiqparts.com/products/detail/4909 塗装に正解なんてないって昔偉い人が言いました。 はい、...

    完成品ギャラリー

    立ち姿

    ガンダムグシオンリベイクフルシティの立ち姿です。
    無骨な機体にはハルバートが良く似合います。
    胴体を5㎜延長しているので、頭身を高くなるように改造しています。


    胴体の延長時には角砂糖のように見えたボディがこのような形になりました。
    塗装とディティールアップパーツで違和感が出ないように誤魔化しています。

    シザーズ可変型リアアーマー

    はい!コチラがこのキット最大の特徴である「ハサミ」です。
    原作では最終決戦時、仇敵である「イオク・クジャン」を半壊したグシオンのサブアームを活用して挟み潰した可変武装です。

    大型シールドにも可変します。

    リアアーマーに接続することで、マウントできます。
    私のキットでは接続が緩く、ポロリが起きやすかったのでケアする必要があります。
    重量もあるのでリアアーマーにマウントする際には自立が難しかったです。

    「機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト ON」のゲームでも強武装でした。

    ナックルガード/サブアーム

    ナックルガード腕の装甲内に「ナックルガード」を格納されています。
    拳に装着することで、マニュピレーターを保護しながら格闘できます。

    サブアームを展開することで様々な表現が可能です。

    ハルバート装備

    『HG ガンダム・グシオンリベイクフルシティ』の武装はシザーズ可変型武装しか付属していないため、『HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ MSオプションセット3』のハルバートを流用しました。これがまたよく似合います。

    はい!ということで『HG ガンダム・グシオンリベイクフルシティ』製作編完了です。
    素組みでも無骨で格好良い「漢」のガンプラです。

    マイナスポイントとしてはライフル等の武装が付属していないのと、シザーズ可変型リアアーマの重量が重く、自立が少し難しいと感じました。

    今回はスプリッター迷彩に挑戦することができ、充実したガンプラ製作でした。

    Twitterで先行して投稿させて頂きましたが、本当に多くの方にご覧いただきまして大変嬉しく感じております。この場で御礼申し上げます。

    次回、また鉄血のオルフェンズシリーズではございますが、『ガンダムキマリスヴィダール』を製作予定です。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    シェアしていただけると励みになります!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次