完成したHGUC Ξ(クスィー)ガンダムのバストアップです。
    目次

    HGUC 1/144 Ξガンダム 完結編

    さて前回から少し間が開いてしまいましたが、『HGUC Ξ(クスィー)ガンダム』を2週間以上掛けて、ようやく完成しましたのでレビューしていきます。

    前回の投稿ではエアブラシ塗装の調色レシピを公開!

    あわせて読みたい
    【調色レシピ】HGUC Ξ(クスィー)ガンダム【塗装編】 【】 https://gunplakishidan.com/gunpla-xigundam2/ さて、前回に引き続き『HGUC 1/144 Ξガンダム』を製作していきます。GW中の完成を目標にしていましたが、完成まで8...

    今キットは1/144サイズでありながら、1/100スケールよりも大型なガンプラでした。
    パーツの組み立てもパーツ自体が大きいので、組み立てやすかったです。

    通常のガンダムタイプとは一線を画すデザインなので、終始楽しく製作することができました。

    完成したHGUC Ξ(クスィー)ガンダムのバストアップです。劇場版『閃光のハサウェイ』公開前に期待値爆上がりです。
    劇場版公開に向けてこのガンプラを、手に取ってみてはいかがでしょうか。


    HGUC Ξ(クスィー)ガンダム完成品ギャラリー

    FRONT

    HGUC Ξ(クスィー)ガンダム立ち姿です。大ボリュームのキットです。

    はい、こちらが完成品です。
    今作は劇場版準拠のカラーリングから「トリコロールカラー」に変更してみよう!をコンセプトに製作してみました。

    個人的には「青色のカラーリング」が厚塗りになってしまいます。
    青色の塗装を難しく感じているので、次回作以降の課題にしていきます。


    SIDE

    HGUC クスィーガンダムの横むき画像のレビュー今回はガンプラの改造も最小限に留めています。
    フェイスマスクにスリットを入れるため、『コアガンダム』のマスクを流用しています。

    クスィーガンダム頭部パーツの調色レシピコアガンダムのマスクをヤスリ掛けで厚みを減らし、適度に小さくすることでピッタリとハマります。

    以前製作した「ジュピターヴガンダム」のコアガンダムです。
    これから3機以上コアガンダムを製作する予定なので、ミキシングのパーツとしても活用できます。


    BACK

    HGUC クスィーガンダムの後ろ姿背面はシンプルに製作しました。
    プロポーションの変更も「胴体5mmの延長」「ミノフスキーフライトユニット」のスジボリなど、シンプルに作製しました。

    延長工作はこちらの記事にて紹介しています。

    あわせて読みたい
    【改造ガンプラ】HGUC Ξ(クスィー)ガンダム【合わせ目編】 【】 https://gunplakishidan.com/gunpla-xigundam/ さて、前回に引き続き『HGUC 1/144 Ξガンダム』を製作していきます。 今回は「合わせ目消し」や「FACEマスクの加工...

    ガンダム・デカールのあれこれ

    クスィーガンダムのビームライフルポーズ。
    今回の製作で苦労したところは「デカール貼り」です。
    閃光のハサウェイ用ガンダム・デカールの発売日が7月なので、まだ市販されていません。

    ビームライフル構えポーズのアップです。ガンダム・デカールを貼る作業をすると時間が湯水のように溶けていきますね。
    情報量がアップするので好きな工程なのですが、デカール貼りのセンスも問われる所なのでむずかしく思います。

    クスィーガンダム飛翔ポーズ今作は塗装の塗分けを少し派手目に行ってしまいました。
    塗装の塗分けやデカール貼りも『程々』が肝心だと改めておもいました。

    クスィーガンダムの膝たちポーズです。使用する「ガンダムデカール」の選択も難しかったです。
    秘密結社『マフティー・ナビーユ・エリン』がアナハイム・エレクトロニクス社と協力し、秘密裏に開発したMSが『Ξ(クスィー)ガンダム』です。

    Ξ(クスィー)ガンダムの完成画像マフティーは連邦政府高官を粛正している「テロ活動」を行っているため、機体の製造元を明かすことが出来ない設定です。

    そのためアナハイム・エレクトロニクス社に関するデカールを貼ることについて、少し悩みました。なぜならアナハイム・エレクトロニクス社のデカールは格好いいものが多いからです。

    UC系デカールとか格好良いものが多いので特におすすめです。

    Ξ(クスィー)ガンダムのビームライフル下方射撃今回は各作品のガンダム・デカールを流用してみました。

    使用したガンダムデカールは 「Zガンダム」と「逆襲のシャア」、「RX-78ガンダム」用デカールです。

    ガンダムデカールは少し前まで入手困難でした。今は店頭でも購入できるようになったので、いろいろな種類のデカールを購入しています。


    ビームサーベルでポージング

    HGUC 1/144 Ξガンダムビームサーベルのアップです。ビームサーベルの色が「蛍光グリーン」なので新しさを感じます。

    ビームサーベル飛翔ポーズキットの大きさもあり、ダイナミックなポージングが映えます。HGUC 1/144 Ξガンダムは「アクションベース1」の1/100スケールの台座に対応しています。

    HGUC 1/144 Ξガンダムビームサーベル装備。グリーンのサーベルが新しいです。 Ξガンダムは空中でドッグファイトをしているイメージなので、アクションベースでポージングすることをおすすめします。

     Ξガンダムとメッサーメッサーとポージング。
    スケールが大きいMSを並べると壮観です。


    『Ξ(クスィー)ガンダム』レビューのまとめ

    それでは今回の投稿は以上となります。
    『HGUCΞ(クスィー)ガンダム』のレビューでした。

    劇場版をイメージしたクスィーガンダムのポージング最後にこのキットの良い点悪い点をまとめてみました。

    『良い点』
    ・ファン待望のクスィーガンダムが初のガンプラ化!
    ・ハンドパーツの造詣が美しい
    (握り手2種、平手が付属)
    ・劇場版が更に楽しみになる
    ・合わせ目が段落ちモールド処理
    ・フライトモードが洗練されてより格好良い
    ・二重関節構造により可動域が良好

    『悪い点』
    ・ハンドパーツの肉抜き穴
    ・顎先が長く首回りと干渉
    ・フライドモード移行時にパーツの付け替えが必要
    ・店頭での購入が難しい
    ・デカールが付属していない

    以上です。

    ゲート処理や表面処理、マスキングの甘いところが個人的な反省点でした。
    胴体延長やトリコロールカラーに挑戦できたところは良かったと思います。

    それではまた、次回作もよろしくお願いします。

    完成したHGUC Ξ(クスィー)ガンダムのバストアップです。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    シェアしていただけると励みになります!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次